10種類の質問を使うことで「雑談力」と「考える力」を高める

10種類の質問を使うことで目指すところ

■以下の記事で10個の質問について
お伝えしてきました。

1一般質問と2限定質問

3直接質問と4間接質問

5関連質問と6並列質問

7未来質問と8過去質問

9肯定質問と10否定質問

1つ1つの質問を身に着けるためにはそれなりの反復練習が必要ですが、

10個の質問の種類があるということだけでもまずは意識してみてください。

人生ツアーコンダクターの
「人生を変える方法」では

「質問」はかなりのウェイトを
占めているので、

また、「質問」についてお伝えして
いこうと思っていますが、

この記事では、10個の質問の種類を
使って何をしたいかということを
お伝えしようかと思います。

人生の3分の2はコミュニケーション

■1つ目は、

単純に会話(雑談)力を
上げるということですね。

つまりコミュニケーション能力を
上げるということです。

昔、何かの本で
「人生の3分の2はコミュニケーションで
 できている」

というのを見ました。
これを信じるのであれば、

コミュニケーション能力を
高めることができれば、

人生の3分の2を
変えられることになります。

そして、私は「質問」が
コミュニケーションの質の
大半を決めると思っています。

なので、「質問」を使いこなせるようになって
「コミュニケーション能力を高める」

これが1つ目のやりたいことです。

質問を考えることで頭を使う

■2つ目は、

「考える力を高める」
ということです。

恐らくですが、誰かと会話するときに
10個の質問を意識している人は

ほとんどいないと思っています。

会話や質問をするときに
なんとなく(ほとんど無意識で)は

どんな質問をしようか
考えてはいると思います。

しかし、明確に意識して質問を
していること

思った以上に少ないはずです。

「自分で考える力」が必要な時代

■この今まで

何となくやっていたことを

10個の質問の種類を使って
明確に意識をするようにすることで

今までよりも格段に頭を
使うことになります。

今までそんなことしてなかったから

「めんどくさい」
「難しそう」

考えるのではなくて

今までしてなかったからこそ

「頭を使うチャンス」
と考えて欲しいのです。

■そして、

これからは
「自分で考える力」ということが
 
求められる時代になってきます。

「自分で考える力」をつける
方法は色々ありますが、

まずは、

普段なにげなくしている「会話」を
使って、

「考える力」を磨いてみては
どうでしょうか?

コミュニケーション能力も上がるので
一石二鳥ですよ。

この記事のポイント

  • 人生を変えるときには、
    「質問」は大きなウェイトを占める。
  • 人生の3分の2は
    コミュニケーションでできている。
  • 「10種類の質問」を使うことで、
    「コミュニケーション力」と
    「自分で考える力」を高めていく。
  • 今までそんなことしてなかったから
    「めんどくさい」・「難しそう」
    と考えるのではなくて、
    今までしてなかったからこそ
    「やればチャンス!」と思って欲しい。

関連記事

  1. 「傾聴」の奥深さを知る

  2. 会話力・雑談力を高めて人に出会う

  3. 雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

  4. 「肯定質問」と「否定質問」を使い分ける

  5. 「未来質問」と「過去質問」を使い分ける

  6. 話し方を変えることで人生を変える

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20