「肯定質問」と「否定質問」を使い分ける

■今日は、

「話し方を変える」の「質問」について

9「肯定質問」10「否定質問」
の話をします。

サッカーのWカップの例として
以下を前に掲載しました。

●肯定質問
「どうしたら日本代表を応援できると思う?」
「どうしたらドリブルが上手くなると思う?」

●否定質問
「どうして日本代表を応援しないの?」
「なぜドリブルが上手くないの?」

「肯定質問」と「否定質問」

■今日はもう一つ例を紹介します。

5「関連質問」と6「並列質問」
7「未来質問」8「過去質問」
同じくテーマは夏です。

●肯定質問
「今年の夏に長期休暇を取るためにできることは?」
「夏を楽しむために出来ることは何ですか?」

●否定質問
「夏休みを取れないのはなぜかな?」
「夏を楽しめないのは誰のせい?」

■このように

「肯定質問」とは、

否定系の言葉は含まないで、
相手の望む方向に意識を向ける

質問を言います。

たとえば、
「どうすればできると思いますか?」
「今わかっていることは何ですか?」
といった質問です。

「否定質問」とは、
「なぜ~しないの?」のように「ない」
がつく否定形となっている質問です。

たとえば、「どうしてできないのですか?」
「何がわからないのですか?」
といった質問です。

「前向きな質問」と「後ろ向きな質問」

■ここで

7「未来質問」8「過去質問」
9「肯定質問」10「否定質問」

を並べてみたいと思います。

7「未来質問」8「過去質問」

●未来質問
「どうしたら日本代表は強くなれると思いますか?」
「サッカーを興味を持つためには何が必要ですか?」

●過去質問
「どうして日本代表は強くなれないんでしょう?」
「なぜサッカーに興味をもたなかったですか?」

9「肯定質問」10「否定質問」

●肯定質問
「どうしたら日本代表を応援できると思う?」
「どうしたらドリブルが上手くなると思う?」

●否定質問
「どうして日本代表を応援しないの?」
「なぜドリブルが上手くないの?」

■並べみるとわかる通り、

7「未来質問」と9「肯定質問」は
似たような質問になっており、

8「過去質問」10「否定質問」は
似たような質問になっています。

実のところ
7「未来質問」と9「肯定質問」は
前向きな質問

8「過去質問」10「否定質問」は
後ろ向きな質問

になりやすいのです。
(あくまで、「なりやすい」だけなので
必ずしもそうではありません。)

過去形、現在形、未来形は重要

■今回、お伝えしたいのは

過去形、現在形、未来形が
重要なのは

英語の文法だけではないという
ことです。

質問をする際にも
過去、現在、未来を意識することで

抜群に質問力、
そして人生をより良くする力を

高めることができるのです

普段何げなく使っていた言葉を
「過去質問」から「未来質問」

に置きかえることで
自然と未来(前)を向いた思考が
できるようになるのです。

今まで、意識して「質問」を使って
こなかった人は、

少し意識を変えるだけで
どんどん人生を変えていけますよ!

今日も読んでいただきありがとうございます!

この記事のポイント

  • 質問を使い分けられると
    会話力が抜群にアップする。
  • 9 「肯定質問」とは、
    否定系の言葉は含まないで、
    相手の望む方向に意識を向ける
    質問のこと。
  • 10「否定質問」は、
    「なぜ~しないの?」のように「ない」
    がつく否定形となっている
    質問のこと。
  • 7「未来質問」と9「肯定質問」は
    前向きな質問になりやすい。
  • 8「過去質問」10「否定質問」は
    後ろ向きな質問になりやすい。
  • 今まで意識しないで使っていた言葉を
    「過去質問」から「未来質問」
    「否定質問」から「肯定質問:
    に置きかえることで
    自然と未来(前)を向いた思考が
    できるようになる。

関連記事

  1. 「傾聴」の奥深さを知る

  2. ボケ担当ではなくて、ツッコミ担当になること

  3. 苦手な人が多いからこそチャンス

  4. 10種類の質問を使うことで目指すところ

  5. 「直接質問」と「間接質問」を使い分ける1

  6. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける 5