「直接質問」と「間接質問」を使い分ける2

「直接質問」と「間接質問」を使い分ける2

■先々週から

「話し方を変える」の「質問」の
具体的な話をしています。

前号から

3「直接質問」4「間接質問」
についてお伝えしています。

3「直接質問」は、
自分が聞きたいことを単刀直入に
直接聞く質問のこと。

4「間接質問」
自分が聞きたいことを直接聞くのではなく
遠まわしに聞く質問のこと。

「直接質問」は、自分の聞きたいことを
聞ける一方で、聞かれている人が
詰問と受けてしまう可能性もある。

「間接質問」は、相手が答え辛いことも
聞ける一方で、コミュニケーションミスが
発生しやすい。

3「直接質問」と4「間接質問」の
組み合わせて、
さらに、
1「オープン質問(一般質問)」
2「クローズド質問(限定質問)」
を織り交ぜて質問するとよい。

1つの種類の質問だけでは会話は難しい

■今日も

3「直接質問」と4「間接質問」
について、例を出して伝えようかと
思います。

例えば、初めてあった相手に対して、
あなたがテニスの話をしたいとして
この2つの質問を考えてみましょう。

■3「直接質問」

●テニスをされますか?
●テニスについて知ってますか?
●テニス好きですか?
●テニスについて話していいですか?

■4「間接質問」

●スポーツ観戦好きですか?
●何かスポーツされますか?
●球技で何が好きすか?
●ウィンブルドンって知ってますか?
●錦織選手知ってますか?

■この例でもわかる通り、

3「直接質問」は、
その人との関係性が浅い関係だと
不自然に感じになることが多く、

4「間接質問」は、
自分の知りたかったことが
答えとして返ってくる可能性が
低くなります。

つまり、

どちらの質問をしても
どちらか1つの種類の質問だけでは

会話が成り立たない可能性が
高いということです。

「直接質問」の例のように

初対面なのにいきなり
テニスの話をされたらびっくりしますし、

間接質問の例では、

テニスの話題に辿りつくまでには
かなりの時間が必要な感じがしますし、

そもそもテニスの話題にならない
かもしれないですよね。

組み合わせで効果を発揮する

■今日お伝えしたかったのは、

質問というのは、

1つだけで
成り立たせることは難しくて

複数の質問の組み合わせ効果を
発揮するということです。

私が知っている限りですが、
世の中に出されている本などで

私が紹介している10個の質問を
個別に説明している本はかなりあります。

1「オープン質問(一般質問)」
2「クローズド質問(限定質問)」
3「直接質問」4「間接質問」
5「関連質問」6「並列質問」
7「未来質問」8「過去質問」
9「肯定質問」10「否定質問」

しかし、この10個を組み合わせ
ある程度長い会話で説明している
本は、それほど多くありません。

人に伝えるためには工夫が必要

■実のところ

私自身もこの10個の質問を
組み合わせて

ある程度長い会話なども交えて
まとめたことというのが今まで
ありませんでした。

少し正確にいうと

自分の頭の中では考えたことは
あるのですが、
(会話が苦手だったので
考えていた時間は相当に長いです)

誰かにきちんと伝える形に
しているのは今までしてこなかったのです。

この今までしてこなかった
誰かに伝えるという取組みを
まさに今、取り組んでいる最中です。

まだまだ人にわかりやすく伝えるためには
工夫が必要そうなので

引き続きがんばっていきます。

明日以降も質問について続けます。
(ときどき他の話題も交えながら・・・)

今日も読んでいただきありがとうございます!

この記事のポイント

  • 質問というのは、1つだけで
    成り立たせることは難しい。
  • 質問は、複数の質問の組み合わせ効果を
    発揮する。
  • 10個の質問を個別で紹介している
    本はそれなりにたくさんある。
  • しかし、この10個を組み合わせで
    比較的長い会話で説明している
    本になると極端に減る。
  • 挑戦している人が少ないものに
    挑戦することに意義がある。

関連記事

  1. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける8

  2. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける6

  3. 「話し方を変える」の3原則

  4. 「直接質問」と「間接質問」を使い分ける3

  5. 「未来質問」と「過去質問」を使い分ける

  6. 雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる