「直接質問」と「間接質問」を使い分ける1

「直接質問」と「間接質問」を使い分ける1

■先々週から

「話し方を変える」の「質問」の
具体的な話をしています。

しばらく、

1「オープン質問(一般質問)」
2「クローズド質問(限定質問)」

についてお伝えしていましたが、

今日は、

3「直接質問」4「間接質問」
についてお伝えします。

この2つの質問を例示すると

●直接質問
「Wカップに興味がありますか?」
「今日の日本戦みますか?」

●間接質問
「球技をTVでみたりしますか?」
「今日帰ってからTV見ますか?」

になります。

直接質問

■直接質問は、

単刀直入に自分が聞きたいことを
聞く質問です。

相手に質問者の意図が明確に
伝わるので、

コミュニケーションミスが減って、
正確に情報や事実を集めやすい

というメリットと

内容しだいで

相手が詰問に感じてしまったり、
微妙な問題には答え辛くなる

というデメリットがあります。

間接質問

■間接質問は、

自分が聞きたいことを直接聞くのではなく
遠まわしに聞く質問です。

直接は聞きにくい質問も
聞くことができる

というメリットと

質問の内容を工夫しないと

こちらが知りたかった回答が
かえってこなかったり

コミュニケーションミスが
発生しやすくなります。

2つを上手く組み合わせていく

■3「直接質問」も4「間接質問」も

メリットとデメリットがあるので、

特性を知ったうえで
この2つを上手く組み合わせていく

必要があります。

1「オープン質問(一般質問)」
2「クローズド質問(限定質問)」

のときにも少しお伝えしましたが、

質問をするときには、

相手との関係性

(「親しい友達」と「知り合ったばかりの人」
「会社の上司」と「同僚」など)

相手のことについて
あなたが知っている情報によって

使える質問が変わってきます。

特に3「直接質問」は、
相手との関連が浅い段階で多用すると

相手が詰問されていると受け止めて
しまう可能性が高まるため、

注意が必要です。

■4「間接質問」を

上手く組み合わせて

そして、

1「オープン質問(一般質問)」
2「クローズド質問(限定質問)」

を織り交ぜて使うのが
質問(会話)を上達させるポイントです。

明日以降も質問について続けます。

今日も読んでいただきありがとうございます!

この記事のポイント

  • 3「直接質問」は、
    自分が聞きたいことを単刀直入に
    直接聞く質問のこと。
  • 4「間接質問」
    自分が聞きたいことを直接聞くのではなく
    遠まわしに聞く質問のこと。
  • 「直接質問」は、自分の聞きたいことを
    聞ける一方で、聞かれている人が
    詰問と受けてしまう可能性もある。
  • 「間接質問」は、相手が答え辛いことも
    聞ける一方で、コミュニケーションミスが
    発生しやすい。
  • 3「直接質問」と4「間接質問」の
    組み合わせて、
    さらに、
    1「オープン質問(一般質問)」
    2「クローズド質問(限定質問)」
    を織り交ぜて質問するとよい。

関連記事

  1. 雑談(会話)するときの悪い癖2

  2. 雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

  3. 雑談(会話)するときの悪い癖3

  4. 「未来質問」と「過去質問」を使い分ける

  5. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける4

  6. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける3