「話し方を変える」ことで人生を変えられる

「話し方を変える」ことで人生を変えられる

■今日から

「話し方を変える」について
お伝えしようと思います。

「話し方を変える」の3原則は、

1.「傾聴」
2.「質問」
3.「相手の言ったことを否定しない」

です。

傾聴については、

などでも少しお伝えしていますが、
再度お伝えしていく予定です。

10個の質問の種類

■そして、質問については

主に、以下の5つ組み合わせ(計10個)
を使いこなすことについてお伝えしていく予定です。

 1「オープン質問(一般質問)」2「クローズド質問(限定質問)」
 3「直接質問」4「間接質問」
 5「関連質問」6「並列質問」
 7「未来質問」8「過去質問」
 9「肯定質問」10「否定質問」

相手の言ったことを否定しない

■さらに、

「相手の言ったことを否定しない」
ですが、

これは、自分はそんなことをしていないと
思っていても

結構、知らずのうちにしてしまってる
方が多いです。

実は、私も注意はしているつもりですが
ついやってしまっています。(反省)

■今日は、

今後の周知だけになってしまいますが、

「話し方を変える」は、

何度かお伝えしたことがある通り、

雑談が苦手だった私の人生を劇的に
変えてくれたノウハウです。

このサイトの読者の方の中には

以前の私と同じように雑談や会話が
苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雑談や会話が上手くなれば、人生も良くなる

■人生を

「誰かとコミュニケーションを取ること」
と考えた場合に、

雑談や会話は上手になれば、
人生も上手くいきそうですよね。

そして、

私は時間がかかりましたが、
少しづつ雑談や会話の仕方を変えていって

雑談や会話の苦手意識をなくしていきました。

苦手意識がなくなったことで
人と会話する機会も増えて

本当に人生が変わっていきました。

■また、

得意だと思っている人は
理論的にも学ぶことによって

さらに会話や雑談が上手になるはずです。

明日から、なるべくわかりやすく
一生懸命伝えていきますので

引き続きどうぞよろしくお願いします。

この記事のポイント

  • 「話し方を変える」ことで
    人生は変えることができる。
  • 「話し方を変える」の3原則は、
     1.「傾聴」
     2.「質問」
     3.「相手の言ったことを否定しない」
  •  質問には、10種類ある。
     1「オープン質問(一般質問)」
     2「クローズド質問(限定質問)」
     3「直接質問」4「間接質問」
     5「関連質問」6「並列質問」
     7「未来質問」8「過去質問」
     9「肯定質問」10「否定質問」
  • 「相手の言ったことを否定しない」は、
    わかっていてもなかなか実践しきれない
    ことに注意する。
  • 雑談や会話は上手になれば、
    人生も上手くいく可能性も高くなる。

 

関連記事

  1. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける

  2. 会話(雑談)力を高めて人に出会う

  3. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける4

  4. 雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

  5. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける 5

  6. 雑談(会話)のシミュレーションをする