雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

■前号で

雑談(会話)のシュミレーションを
することで悪い癖は治せ、

人生を変えることができますよ!

とお伝えしました。

このシミュレーションを
私がどうやっていたかというと

何度かこのサイトでもお伝えしている

「書く習慣を身に着ける」ときに
使っている「メモ書き」フォーマットを
使っています。

「事実」と「考えることが必要なこと」を書く

■まず、

事実を書き

今日の飲み会での会話の内容  2018-05-30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-Aさん:「こないだ健康診断でメタボって
診断されてしまってね~」

-Bさん:「あっ俺もメタボって言われたよ。
いつかは言われると思っていたけど、
診断書みて目を疑ったね~」

-Aさん:「それで俺は、ビール控えているんだ」

-Bさん:「そうなんだ。俺はメタボぐらい気にしないで
どんどん飲んじゃうな~。
○○ってビールならそんなにカロリー
高くないらしいぜ~」

■そして、

今日の飲み会での会話の内容(改善)  2018-05-30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-Aさん:「こないだ健康診断でメタボって
診断されてしまってね~」

-Bさん:「あっ、そうなんだ。それはショックだね。
そう診断されてのは今回が初めてなの?」

-Aさん:「そうなんだよ~。正直ショックでさー。
それで、今日はビール控えているんだ」

-Bさん:「その気持ちはわかるな~。
いつからビール控えているだ?
オールフリーとかならOKなんじゃないか。」

と書きます。

■このことは、

「書く習慣を身に着ける」について
書いた以下の号で説明している通り、

「事実」と「考えることが必要なこと」
を書くことになります。

この号でお伝えしている通り、
「事実」は、実際に起こったことなので
書きやすいですし、

「考えることが必要なこと」は、
少しだけ難易度があがりますが、

ここまで「メモ書き」を続けてきてくださった皆さま
(実際やり始めて、続けてくださってるかたが
いると嬉しいのですが)

には、

そろそろ考えを書く「メモ書き」
取組みはじめて良い頃ではないでしょうか。

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 「傾聴」ができると人生を変えることができる。
  • 「人が話したことは突っ込みを
     入れて欲しいこと」
    ということを強く意識することで、
    雑談(会話)するときの悪い癖が直せる。
  • 雑談(会話)のシュミレーションを
    することで悪い癖は治せる。
  • 雑談(会話)の悪い癖を直せれば、
    人生を変えることができる。
  • 雑談(会話)のシュミレーションを
    「書く習慣を身に着ける」ときに使用している
    「メモ書き」でするとよい。

関連記事

  1. 「聞く8割」「話す2割」のイメージ

  2. 「話し方を変える」ことで人生を変えられる

  3. 苦手な人が多いからこそチャンス

  4. 「話し方を変える」ための3原則とは?

  5. 自分の話から入る割合は?

  6. 「関連質問」と「並列質問」を使い分ける

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20