雑談(会話)のシミュレーションをする

雑談(会話)のシミュレーションをする

■今月に入ってから

「話し方を変える」
について伝えています。

そして、今月の途中から「傾聴」について
お伝えしています。

数号に渡り、

「人が話したことは突っ込みを
 入れて欲しいこと」

「ボケ担当ではなくて、ツッコミ担当になる」

を強く意識することによって、

雑談(会話)するときの悪い癖は
直せる。

と伝えています。

雑談(会話)の悪い癖

■今日は、

ここまで紹介した3つの悪い癖の
パターンを再掲します。

「相手が何を話しても、自分の話をしてしまう」

[改善前]
Aさん:「こないだ健康診断でメタボって
診断されてしまってね~」

Bさん:「あっ俺もメタボって言われたよ。
いつかは言われると思っていたけど、
診断書みて目を疑ったね~」

Aさん:「それで俺は、ビール控えているんだ」

Bさん:「そうなんだ。俺はメタボぐらい気にしないで
どんどん飲んじゃうな~。
○○ってビールならそんなにカロリー
高くないらしいぜ~」

[改善後]
Aさん:「こないだ健康診断でメタボって
診断されてしまってね~」

Bさん:「あっ、そうなんだ。それはショックだね。
そう診断されてのは今回が初めてなの?」

Aさん:「そうなんだよ~。正直ショックでさー。
それで、今日はビール控えているんだ」

Bさん:「その気持ちはわかるな~。
いつからビール控えているだ?
オールフリーとかならOKなんじゃないか。」

「自分の聞きたいように聞いてしまう」

[改善前]
Aさん:「こないだハワイに行って、
ホノルルマラソンに出たんだ~。」

Bさん:「ホノルルマラソン??
そんな厚いところでマラソンなんて
俺には絶対無理。」

Aさん:「そんなことないよ。
景色もいいし、すごく気持ち良かったよー。」

Bさん:「えー俺にはマラソンって時点で
景色を見ている余裕なんてないなー。」

[改善後]
Aさん:「こないだハワイに行って、
ホノルルマラソンに出たんだ~。」

Bさん:「あっ、ハワイに行ってきたんだ?
毎年言っているの?」

Aさん:「うん、3年に1度くらいかなー。
ホノルルマラソンに参加するのは
初めてだったたんだ。」

Bさん:「マラソンって、日本でも走ってたり
するんだっけ?」

「相手の話を途中でさえぎってしまう」

[改善前]
Aさん:「子供たちが行っている学校で
風邪が流行っててね・・・」

Bさん:「あっ、それでお前も風邪ひいたんだろう?」
そういうこと、よくあるよなー。」

Aさん:「まあ・・・、俺は大丈夫なんだけど・・・。」

Bさん:「奥さんが側か・・・。子供のお世話しているから
仕方ないよなー。
みんなでマスクして気を付けないと。」

[改善後]
Aさん:「子供たちが行っている学校で
風邪が流行っててね・・・」

Bさん(頭の中):「子供たちの学校で風が流行っているんだ」
「相手が本当に突っ込みを入れて欲しいことが
出てきてないかもしれない」

Aさん:「奥さんが風邪ひいてしまったんだよ。」

Bさん(頭の中):
「「子供たち」と「奥さん」どっちが
突っ込んで欲しいことなんだろう?」
この感じだと「奥さん」かなー。」

Bさん:「奥さんが風邪引いたら家事とか大変だろー。」

Aさん:「そうなんだよ、
食事は普段奥さんが作ってくれているから
大変なんだよ。
でも、こういう状態になると奥さんが普段
やってくれていることのありがたさがわかるよー。」

Bさん(頭の中):
「「食事の大変さ」と「奥さんへの感謝」
どっちが突っ込んで欲しいことなんだろう?」
この感じだと「奥さんへの感謝」かなー。」

Bさん:「奥さん風邪ひいててつらいんだろ。
今日ぐらい早く帰ってあげればどうだ。」

ひたすらシュミレーションを繰り返す

■実は、

この3つで紹介したように
会話をシュミレーションすることは、

私が、何とか雑談(会話)下手を改善しようと
思ったときにひたすらやっていたことです。

今回紹介したのはたったの3パターンですが、

本気で改善をしていた十何年前の一時期は、

一年で何百パターンのシュミレーションを
繰り返していたと思います。

直前にした雑談を思い返して、

自分の何がいけなかったのかと
どうしたら上手く話ができたのかを

ひたすらシュミレーションを
繰り返しました。

人生を良くしたいから続けた

■ぶっちゃけのところ、

当時は、実際の雑談が上手くいかない
ことが多かったので、

落ち込んでいるところに
さらにシュミレーションを繰り返していたため

面白かったかと聞かれれば
面白くなかったのですが、

このときにシュミレーションを
ひたすら繰り返したおかげで、

その後、劇的に雑談(会話)が上手になり、
(正確に言うと、怖くなくなって)

その後の人生が格段に良くなったのです。

■なぜ、

そこまでして面白くはないシュミレーションを
繰り返したかというと

雑談(会話)を劇的に改善して
「なんとか、人生を良くしたい!」

という強い思いがあったからです。

また、

結果的にですが、

このときに雑談(会話)を徹底的に
研究することにもなったので、

理論的にもどうしたら上手くいくか
人にも説明ができるレベルになりました。

■ただし、

この理論は、もともと会話が苦手でない人には

「そこまでしなくてもいいんじゃないの?」
と思われてしまうことが多いです。

そのため、

あまり公(おおやけ)の場では
公開してきませんでした。

なので、

特に、雑談(会話)が苦手だと思っている方に

参考にしていただけると嬉しく思います。

雑談(会話)のシュミレーションを
することで悪い癖は治せ、

そして、人生を変えることができますよ!

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 「傾聴」ができると人生を変えることができる。
  • 「人が話したことは突っ込みを
     入れて欲しいこと」
     ということを強く意識することで、
     雑談(会話)するときの悪い癖が直せる。
  • 悪い癖として、
    「相手が何を話しても、自分の話をしてしまう」
    ということがある。 
  • 悪い癖として、
    「自分の聞きたいように聞いてしまう」
    ということがある。 
  • 悪い癖として、
    「相手の話を途中でさえぎってしまう」
    ということがある。 
  • 雑談(会話)のシュミレーションを
    することで悪い癖は治せる。
  • 雑談(会話)の悪い癖を直せれば、
    人生を変えることができる。

関連記事

  1. 「直接質問」と「間接質問」を使い分ける3

  2. 雑談(会話)のシュミュレーションと書く習慣を組み合わせる

  3. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける2

  4. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける

  5. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける3

  6. 10種類の質問を使い分ける