「傾聴」の奥深さを知る

「傾聴」の奥深さを知る

■今月に入ってから

少しずつ「話し方を変える」
について伝えることをしています。

雑談(会話)を上達させるには、

「傾聴」と「質問」を上手に
使いこなせるようになる。

「話すこと」「聞くこと」の
割合は、

「聞くこと8割」「話すこと2割」か
「聞くこと9割」「話すこと1割」
が良い。

とお伝えしました。

「傾聴」には、言葉では表しきれないパワーがある

■私自身が

「傾聴」ということを強く意識しはじめたのは
15年前からですが、

最近になって余計に
この「傾聴」の奥深さを感じています。

傾聴とは、

●「深いレベルで、相手をよく理解し、
  気持ちを汲み取り、共感する聴き方」

●「話し手の方のお話を、
そのまま受け止めながら聴くこと」

●「積極的に関心を持って注意深く話を聞く力」

●「英語でいうとアクティブ・リスニング」

●「五分五分ではなく、
話し手が中心となるコミュニケーション方法」

●「話をじっくりと聞くこと」

など言われ、

その効果は、

●相手の成果を止めていた思考や感情を
整理することができる

●相手の自己重要感や心理状態が高まる

●深いレベルで、相手をよく理解し、
 気持ちを汲み取り、共感できる

●コミュニケーション能力と自信が高まる

●相手自身が、悩みや問題の解決のため、
必要な行動や変化を得ることができる

などと言われてます。

言葉にすると色々な表現はでてきますが、

私自身は、「傾聴」について

その世界が奥深すぎて
言葉では表しきれないパワーが
あると思っています。

「傾聴」=「人の話をよく聞くこと」ではない

■実際に、

「傾聴」ということを教えている
セミナーや研修はたくさんありますが、

この奥深さを本当の意味で伝えることは
1回か2回では無理だと考えています。

なので、

恐らく大抵の方が

「傾聴」って

「要は、人の話をよく聞くことでしょ」

レベルの印象で終わっているのではないかと
思います。

「傾聴」の持つパワーを知っている
私としては、

このことは、本当にもったいないこと
だと思っています。

人の話に突っ込みを入れる

■ちなみに、

人生ツアーコンダクターで伝える
「傾聴」のポイントは

以下の2点です。

  1. 「人が話したことは突っ込みを
    入れて欲しいこと」
  2. 「相手の情報をすべて聞き出す」
    というつもりで会話をすること

この2点を意識して「傾聴」を
実践することで、

劇的にコミュニケーション能力は
良くなっていきます。

そして、

この2点を実際の会話で実現するために

主に

「質問」を使った会話のスキルが必要に
なってきます。

「奥深さ」と「当たり前さ」

■正直なところ、

「傾聴」と「質問」というスキルは、

「奥深さ」と「当たり前さ」が
入り混じっているようなスキルです。

なので、

「そんなこと聞いても為にならないよ」とか
「そんな当たり前のこと知ってるよ」
と思って聞くのと

「へー、そんなことあるんだ!」
と思って聞くので、

同じ内容を聞いていてもその効果が
全然違ってきます。

もちろん、

伝える側の私も
最大限皆さまに「傾聴」の奥深さが
伝わるように工夫をしていきますが、

できるだけ
「へー、そんなことあるんだ!」

で聞いていただけると嬉しいです。

■明日からは、

「傾聴」と「質問」についてと

「人の特性を知る(法則編)」を

を並行してお伝えしていこうと思います。

引き続きよろしくお願いします。

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 「傾聴」ができると人生を変えることができる。
  • 「傾聴」の世界は本当に奥深い。
  • その奥深さは、研修やセミナーで
    一度が二度学んだ程度ではわからない。
  • 人生ツアーコンダクターで伝える 
    「傾聴」のポイントは

 1.「人が話したことは突っ込みを
    入れて欲しいこと」

 2.「相手の情報をすべて聞き出す」
   というつもりで会話をすること

  • 「質問」を使って、上記の2点を
     実現していく。

関連記事

  1. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける2

  2. 「聞く8割」「話す2割」のイメージ

  3. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける 5

  4. 「肯定質問」と「否定質問」を使い分ける

  5. 「書く習慣を身に着ける」→「話し方を変える」の順番

  6. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける7