「聞く8割」「話す2割」のイメージ

「聞く8割」「話す2割」のイメージ

■前の号で、

「話し方を変える」=(イコール)
「聞き方を変える」

と言っていいほど、

「話し方を変える」ときに
「聞くこと」が占める割合は大きいです。

という話を伝えました。

「自分が話すこと」を減らして、
「聞くこと」を増やすと

驚くほどに人とのコミュニケーションが
上手くとれるようになります。

「話すこと」「聞くこと」の割合は?

■今回は、

「話すこと」「聞くこと」の
割合をどれくらいにしたらいいのか

ということをお伝えしようと思います。

イメージ的には、

「聞くこと8割」「話すこと2割」
ぐらいが一番バランスがいいと思います。

もっと踏み込んで言うと、

「聞くこと9割」「話すこと1割」

でもいいくらいだと思います。

「自分が話すこと」のほうが多くなる

■なぜなら、

これくらい「聞くこと」の割合を
多く意識していても

実際には「自分が話す」ことが
多くなってしまうからです。

人には、

「話すことで癒される」
という特性があるため、

どうしても

「自分が話すこと」のほうが
無意識に多くなってしまうのです。

■なので、

「話し方を変える」
「雑談上手になる」

ということを目指している段階では、

極端にいうと
「聞くこと9割」「話すこと1割」

ぐらいをイメージする必要があるのです。

そして、

イメージだけでは
実際できるようにならないので

「傾聴」と「質問」のスキルを
しっかり身に着ける必要があるのです。

「傾聴」と「質問」のスキルを
身に着けた上で、

「聞くこと9割」「話すこと1割」の
イメージをすることで、

ようやく

「聞く姿勢」が
身に着いてくると思っていてください。

「聞くこと8割」「話すこと2割」

人生を一緒に変えていきましょう!!

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 「話すこと」よりも「聞くこと」の
    割合を増やすと人生が上手くいく。
  • イメージとしては、
    「聞くこと8割」「話すこと2割」
    もしくは
    「聞くこと9割」「話すこと1割」
  • それでも自分が話したくなるのが
    人間の本能である。
  • 「傾聴」と「質問」のスキルを
    きちんと身に着けることで
    「聞くこと9割」「話すこと1割」
    が実現できる。

関連記事

  1. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける

  2. 「肯定質問」と「否定質問」を使い分ける

  3. 「話し方を変える」ための3原則とは?

  4. 「傾聴」と「質問」を使いこなす

  5. 10種類の質問を使うことで「雑談力」と「考える力」を高める

  6. 雑談(会話)で自分の話ばかりをする

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20