「傾聴」と「質問」を使いこなす

「傾聴」と「質問」を使いこなす

■先日から、

「話し方を変える」について
伝えています。

そして、前回は

「雑談が上手くなる」と
人生が好転しだす

という話を少しだけ伝えました。

前の号で、

私が雑談がとても苦手だったことを
伝えさせていただきましたが、

そもそも、

私が雑談が上手くいかなかった
理由の一つに

雑談(会話)が上手くなるためには

「自分が話さないといけない」
と思っていた

ということがあります。

雑談が苦手だった頃の私は、
苦手だからこそ

必死になってなんとか自分が
話そうとしまっていました

今思えば

このことが、雑談が上手くできない
大きな原因だったということがかわりますが、

当時の私はまったくわかって
いなかったのですね。

聞き役に徹すること

■実のところ

雑談は、

自分が話すことをやめて
聞き役に徹することができれば

各段に上手くなることができます。

つまり、

雑談含めて話すことが上手くなるためには
聞き上手になることが必要なのです。

ここまで、

このメルマガでは

「話し方を変える」と人生を変えられる
と伝えてきていますが、

「話し方を変える」=(イコール)
「聞き方を変える」

と言っていいほど、

「話し方を変える」ときに
「聞くこと」が占める割合は大きいです。

聞き上手になるために必要なスキル

■そして、

聞き上手になるために必要なスキルは、

なんといっても
「傾聴」と「質問」です。

この2つを使って、
「雑談相手(会話の相手)に話をさせる」

ということが

人生ツアーコンダクターの伝える
「話し方を変える」の中心理論となります。

「傾聴」と「質問」の大切さは、

営業やビジネス系の研修でも
本当に多く語られています。

しかし、

ぶっちゃけていうと
雑談や会話がもともと苦手な人のために

深いところまで考えて
教えられている研修はほとんどありません。

もちろん、そのような研修を
もし受けたことがあって

それをきっちり身に着けているのであれば、
雑談や会話が苦手なままのはずはありません。

「傾聴」と「質問」を使いこなす

■私は、

雑談の苦手意識をなくするために
(そして雑談ができるようになるために)

相当な時間を

「傾聴」と「質問」のスキルの
研究のために費やしてきました。

今もその時間は
どんどん増えていっています。

内容は、シンプルなことですが、
この2つのことは本当に奥深いです。

シンプルですが、
この2つを使いこなせるようになると
本当に雑談が上手になります。

そして、

雑談(会話)上手になれば、

それからの人生はとっても良いものに
変えることができます。

「傾聴」と「質問」を使いこなせるように
なって、

一緒に人生を変えていきましょう!!

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 雑談が上手くなると人生が好転しだす。
  • 雑談上手になるために、
    「傾聴」と「質問」を使いこなせるように
    なると良い。
  • この2つを使いこなせるようになれば
    雑談は格段に上手くなる。

関連記事

  1. 雑談(会話)するときの悪い癖3

  2. 10種類の質問を使い分ける

  3. 「直接質問」と「間接質問」を使い分ける1

  4. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける6

  5. 自分の話から入る割合は?

  6. 10種類の質問を使うことで目指すところ