「雑談が上手になること」で人生は変えられる

今日の雑談「徹底的な標準化」

■今日はスーパーについてのニュースです。

埼玉県を中心に展開するスーパー「ベルク」が
快進撃を続けているそうです。

私自身が現在埼玉県に住んでいるため
すごくなじみのあるスーパーです。
(というか、日々の食品関係の買い物は
ほぼベルクです。)

この記事で、目に留まったのが
店舗の大きさを同じにして、

店舗のレイアウトやオペレーションなどを
徹底的に標準化している

ということです。

多様化が進んでいる現代で
あえて標準化を進めている戦略をとってる

とのことですが、

スーパーの経営以外でも参考に
なることが多そうです。

「1959年の創業からこれまでに閉鎖したのは
2店舗しかない」

って、かなりすごいですよね。

「雑談が上手になること」で人生は変えられる

■人生ツアーコンダクターでは

人生を変えるために、
「基本的な考え方を身に着けること」と、
「具体的にやること」が必要

と伝えています。

そして、「具体的にやること」
の一つとして

今まで、

「書く習慣を身に着ける」を
主にお伝えしていました。

前回から、

「話し方を変える」について
伝えています。

極端に「雑談」が苦手

■今回は、

私がなぜ「話し方を変えよう」と
思ったかについて話そうと思います。

前にもお伝えしているかもしれませんが、

私がそもそも「人生を変えよう!」と
思ったきっかけは、

私が極端に「雑談」が苦手だったからです。

過去にさかのぼって考えると、
雑談が苦手になったきっかけは、

高校時代にあります。

高校時代は共学だったのですが、

入学当初に中学生と同じ軽いノリで
女子生徒に話しかけたところ、

「そんな軽いノリで話しかけないでくれる」

と強烈なパンチをいただいてしまったのです(笑)

その後も特に目的がないときに話しかけると
同じような反応が返ってきました。

極度に小心者だった当時の私は
このことに極端に反応してしまい、

その後も、この高校では目的がないときに
誰かに話しかけるのをしない人になってしまったのです。

細かいことは省略してますが、
とにかく高校時代から雑談をする回数が
減ったために

雑談が苦手になってしまったのです。

苦手と思っているから

高校を卒業してからも
ずっと雑談が上手くいかない
生活が続きました。

会社での営業活動

■そして、

いよいよ雑談ができない状態を本気で
直そうと思うきっかけがやってきます。

会社に入ってからの営業活動です。

さきほどから伝えている通り、

当時の私は雑談が苦手だったので、

営業でお客様のところを訪問しても
前置きなしに、

その日に訪問した目的を伝えて
しまっていました。

でも、

営業の初期段階で必要なことは

まずお互いのことを知るための
仕事以外の話です。(つまり、雑談)

それができない私のことを
気に入ってくれるお客様は少なく、

社会人一年目は本当に散々な
結果となりました。

私の話はこの辺で・・・

「雑談」を上手くなってもらう

■前置きがかなり長くなりましたが、

私が人生ツアーコンダクターで、
「話し方を変える」をお伝えしている

大きな目的に、

人生を変えるために
「雑談」を上手くなってもらう

ということがあります。

この号で少しだけお伝えした通り、

雑談が苦手だと人生が上手くいくことは
ほとんどありません。

それは、

人の生活の多くは誰かと
コミュニケーションを取ることで
成り立っているからです。

逆に雑談が上手になれば
かなりの高確率で人生が好転しだします。

雑談が上手くなった後の人生のことは
お伝えしていませんが、

私の人生は、間違いなく
「雑談」が上手くなったことで
良くなっていきました。

「雑談のスキルを誰かに伝えること」

■そして、

私が「人生ツアーコンダクター」の原型となる
「人に何かを教える活動」をしはじめた当初の目的は、

私が自分を変えるために身に着けてきた
「雑談のスキルを誰かに伝えること」

だったのです。

なので、

今も「雑談が苦手な人の助けになりたい」という
気持ちはとても強く持っています。

このメルマガの読者様の中には

もともと話すのが得意な方もいらっしゃる
かもしれません。

そういった方には必要のないこと
なのかもしれませんが、

もともと話すのが苦手な人にとっては、

話すことに対しての苦手意識がなくなるだけでも
人生が本当に変わってくるのです。

実は、

「人生を変えたい」という方のほとんどが

「話すのが苦手」
「書くのが苦手」

とおっしゃいます。
(人生ツアーコンダクター調べでは
9割近く・・・)

この苦手意識をこのサイトで
少しでも取除いていただけたら嬉しいです。

この記事のポイント

  • 話し方を変えれば人生を変えることができる。
  • 雑談が苦手だと人生が上手くいかないことが多い。
  • 逆に、雑談が上手くなると人生が好転しだす。
  • 雑談上手になるために、
    「話し方を変える」ということを伝えている
    といっても過言ではない。
  • 「人生を変えたい」という方のほとんどが 
    「話すのが苦手」、書くのが苦手」
    と言っている。

関連記事

  1. 雑談(会話)のシミュレーションをする

  2. 「傾聴」の奥深さを知る

  3. 10種類の質問を使うことで目指すところ

  4. 「直接質問」と「間接質問」を使い分ける3

  5. 「一般質問」と「限定質問」を使い分ける

  6. 自分の話から入る割合は?