格言をメルマガに載せている理由

今日の雑談「一流棋士の考え方」

■今日、

図書館で将棋関係の本を読みました。

藤井聡太棋士のおかげで
将棋関係の本がたくさん置いてありました。

今日読んだ本は、

羽生さんや谷川さんなどの一流棋士が

自分の将棋に対する価値観、考え方などと
藤井聡太7段について語るというものです。

頭で勝負している皆さんだけあって

私が言うのがおこがましいほど
考え方が洗練されてますね。

その皆さんも藤井聡太棋士のことは
「すごい!」と言っていたので

やはり只者ではないのだと
改めて感じました。

一流棋士の考え方や価値観は

将棋にまったく興味がない人でも
参考になることが多いのではないかと思います。

格言をメルマガに載せている理由

■今日は、

私が格言をメルマガで記載している理由を
お伝えしようと思います。
(メルマガを読んでない方には申し訳ありませんが、
私のメルマガでは毎日格言を掲載しています)

色々な格言を知ってもらいたい

1つは、メルマガを読んでいる方にも
色々な格言を知ってもらいたいからです。

格言は、それを知っている人にとっては
当たり前と思ってしまうようなことでも

知らない人が知ると

格言の意味にもある通り、
人生の真実や心理を語っているものが多く

大変役に立ちます。

私自身が人生を変えるときにも
格言は大変お世話になりました。

なので

メルマガを読んでいただいたいる
方にも少しでもいいから格言に

興味をもっていただければ嬉しく思います。

自分自身の確認のため

■2つ目は

本当のことをいいます。
実は、自分のためです。

どう自分のためかというと

「自分で判断をする」という行為を
することで

格言をより自分の脳に記憶させようと
しています。

メルマガに記載しようとしたときに、

当然といえば当然ですが、

どの格言を載せるのかを
私が判断してから載せています。

これをすることで、

今までも知っていた格言が
さらに自分の認識に一度のるわけです。

格言に限らずですが、
何か習得したいものは

自分の認識にのせる工夫をすることが
大事です。

■3つ目は、

そもそもなんで格言かということも
含まれるのですが、

格言は

その人の考えの本質やエッセンスが
色濃く出ているからです。

何かで一流になった人たちの考え方を
知るのに、

これほど有効なものは
ないのではないかと私は思います。

羽生善治さんの格言

例えば、

将棋の世界で活躍され続けている

羽生善治さんの格言は
以下のものがあります。

  • いろいろ考えられる選択肢の中から、
    「この一手」を選ぶのは 
    自分しかいないわけです。
  • 毎回石橋を叩いていたら
    勢いも流れも絶対つかめない。
  • 相手のことを知るよりも、
    自分自身が強くなればそれで済む世界だし、
    それを目指した方が本筋というか、
    王道という気がする。
  • 同じ方法で悪くなる。
    だから捨てなきゃいけない。
    せっかく長年築きあげてきたものでも
    変えていかなくてはならない。
  • 長い時間考えた手がうまくいくケースは
    非常に少ない。

マイケル・ジョーダンの格言

■そして

NBA(アメリカのプロバスケットボール)の
シカゴブルズなどで活躍したマイケル・ジョーダン氏は

  • 目標を達成するには、
    全力で取り組む以外に方法はない。
    そこに近道はない。
  • 何かを始めるのは怖いことではない。
    怖いのは何も始めないことだ。
  • 10本連続でシュートを外しても
    僕はためらわない。
    次の1本が成功すれば、
    それは100本連続で成功する
    最初の1本目かもしれないだろう。
  • ステップ・バイ・ステップ。
    どんなことでも、
    何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、
    一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。
    これ以外に方法はない。
  • 成功したいと思うなら
    自己中心的でなければいけない。
    だがもし最高のレベルに達したなら、
    自己中心的であってはいけない。
    他人とうまく付き合い、
    一人になってはならない。
  • リーダーとなるためには、
    行動によって
    仲間から尊敬を集めなければならない。
    リーダーとなる人は、
    バスケットボールの練習であれ、
    営業会議であれ、
    家族との接し方であれ、
    つねに言行一致を貫かなければならない。

などの格言を残しています。

自分が置かれている状況で感じ方が変わる

■私は、

将棋をしたり、バスケットボールを
するわけではないですが、

何かで一流の成果を出している人の
考え方や言葉は

他の分野でも通じるような
ことが多いので本当に参考になります。

■余談になりますが、

私が格言に興味を持つことになったのは

「人生を変えよう」と必死になって
読みあさっていた

自己啓発関係やビジネス関係の本には
ほぼ必ずといっていいほど

格言が載っていたからです。

それから、
色々の人の格言をみては

「なるほどー」と思ったり、
勇気をもらいながら自分を変えてきました。

そして、

格言の不思議なところは
同じ格言をみたとしても

自分が置かれている状況によって
その格言の感じ方が変わってくるということ
です。

自分を変えはじめて、
15年以上たった今

改めて見たときにすごく味わい深い格言が
たくさんあります。

■ということで、

ある意味、1粒で何度も味わうことができる

「格言」の世界に一度はまってみては
いかがでしょうか。

「格言」に対する考え方・価値観が
変わるとおもいますよ。

世の中に格言はすごくたくさんあるので
すぐに飽きることもないはずです。

この記事のポイント

  • 私がメルマガで格言を紹介している理由は
    3つある。
  • メルマガを読んでいただいている方に
    色々な格言を知ってもらいたいから
  • 「自分で判断をする」という行為を
     することで
    格言をより自分の脳に記憶させようと
    している。
  • 格言を残した人の考え方の
    本質やエッセンスが色濃く出ているからです。
  • 格言がまったく使われていない
    自己啓発関係の本を探すほうが
    難しいかもしれない。

関連記事

  1. 実行するために他者の力を借りる

  2. 格言を活用して自分の心を動かす

  3. 「本をたくさん読む」「格言をたくさん知る」

  4. 見当がついているけれど実行することが難しい

  5. ウィルパワーの使い方を工夫する

  6. 知っていれば、対応できるorできない