書く習慣で人生は変えられる

書く習慣で人生は変えられる

■今月は主に

「書く習慣を身に着ける」と
「人の特性(法則編)」をお伝えしていますが、

「書く習慣を身に着ける」ための
「メモ書き」をはじめてくださった方は
何名いるでしょうか?

「メモ書き」は以下のフォーマットです。

昨日したことは?      2018-04-16
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-○○時に起きた。
-朝食で○○と○○を食べた。
-昼食で○○と○○を食べた。
-夕食で○○と○○を食べた。
-○○時に寝た。

すでに書く習慣をお持ちの方は

読むすら辞めてしまっている可能性もありますが、
もうしばらく「書く習慣」について続けさせてください。

目標は紙に書くと実現する

■極端に言えば、

私は「人生を変える」ことは、

この書く習慣さえ身に着けてしまえば
実現可能だと思っています。

私自身がこのことを知ったのは、

神田 昌典さんの
「非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣」
でです。

「目標は紙に書くと実現する」
とこの本の冒頭で書かれていました。

自己啓発関係の本として
比較的有名な本なので、

自己啓発に興味があるであろう
このメルマガの読者様は読んだことが
ある方が多いかもしれません。

■私はこの本を読んでから、

だまされたと思って
目標を紙に書くようになりました。

紙に書くようになった当時は、

まだ、「メモ書き」フォーマットを知らなかったので
独自のフォーマットでしたが、

とにかく「目標を書くこと」を繰り返しました。

始めのころは、

そもそも目標自体があまりなかったので、

もしメモ書きフォーマットで書くとしたら、

自分の目標(したいこと)は何か?      2005-04-16
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-作曲をできるようになる。
-実家を出て一人暮らしをする。
-今の会社を辞めて転職をする。
-昔付き合っていた彼女とよりを戻す。

のように目標自体を書き出すことから
はじめました。

■そして、

数年後どうなったか。

書いたことのほぼすべてがかなっていました。

叶わなかったのは、
「昔付き合っていた彼女とよりを戻す」

くらいです。

私の経験上ですが、
いくら目標が叶うといっても

「昔付き合っていた彼女とよりを戻す」
のように

「他者の依存があまりに大きいもの」

「タイムスリップする」など
「現実的に不可能な(今まで誰もやっていい)もの」

は、実現が難しいです。

■しかし、
 
逆にいうと、それ以外はほぼ100%
達成していました。

上記で紹介した以下は達成できましたし、

-作曲をできるようになる。
-実家を出て一人暮らしをする。
-今の会社を辞めて転職をする。

それ以外のことも実現することが
できました。

なぜ実現するかと言うと・・・

目標達成機能が強く働く

なぜ実現するかというと、

「目標を書く」と

人が本来持っている「目標達成機能」が
より強く働くからです。

人間の脳は、

ある目標を入力してあげると
その目標の達成に必要な情報を
無意識で拾ってきています。

この処理能力は普段我々が使っている
パソコンの処理能力よりも
比較にならないぐらいにすぐれています。

■例えば、

東京駅に向かおうとしたときに

自分が今いる場所、
移動中の景色、
途中で経由する駅、
すれ違う人の情報など、

本当にたくさんの情報を処理しています。

しかし、

東京駅に何度もいったことがある人は
東京駅に行くことに対しては
ほとんど意識しなくても東京駅には
行くことができると思います。

自動車の自動運転の研究がだいぶ進んでいますが、
それでも実用化にはもう少しかかることを
考慮すると、

人の脳がどれだけすごいかというのはわかると思います。

思っていることを言語化する

■この目標達成機能は

とても強力なので、

目標というキーワードを入力してあげれば、
Googleなどの検索エンジンのように
答えを探しはじめます。

いったん入力してしまえば、
自分で取り消さない限りは答えを
探し続けます。

そして、大事なのは

紙に書くとより潜在意識の
より深いところに目標が設定される
いうことです。

人の脳は言語化されているものをより
深く認識するようにできているからです。

紙に書くためには、
思っていることを言語化する必要があります。

この「言語化できている」状態が
目標達成のためには重要なのです。

■昔から言われていることで、

流れ星が流れている間に
願いごとを言うと願いがかなう

ということがあります。

この願いが叶うというのも

実は、今回説明しているのとほぼ
同じ理由からです。
 

「願い事が「言語化できる」レベルまで
 落とし込めている」

から目標達成機能がより深く働いて、
目標(願い)が達成されるのです。

目標を「言語化」して、
達成するために、

目標を書くことを続けてくださいね!

この記事のポイント

  • 書く習慣を身に着ける段階では、
    「メモ書き」フォーマットを使うとよい。
  • 極端に言えば、
    「メモ書き」で「書く習慣を身に着ける」だけ
    人生を変えることができる。
  • 達成したいことは
    紙に書けば実現する。
  • 人には目標達成機能が備わっているからである。
  • 紙に書くと実現するのは、
    言語化されているもののほうが
    潜在意識に深く刻み込まれるかである。
  • 流れ星が流れる間に、
    願い事ができるぐらいに言語化するとよい。
  • 言語化するためにも
    目標は書き続けること。

関連記事

  1. 書くことがどうしてもないときは

  2. 書く習慣を身に着けるときのポイント

  3. 書く習慣を身に着けるときのフォーマット

  4. 書くことをはじめる最初の5分間

  5. 「書く習慣を身に着ける」の第2弾

  6. 書く内容を簡単にしている理由