書く習慣を身に着けるときのフォーマット

書く習慣を身に着けるときのフォーマット

■この記事から

人生を変える方法の「3つのコア」に
ついて説明していきます。

初回の今回は、

何度かお伝えしていますが、
「書く習慣を身に着ける」ときの
フォーマットをお伝えします。

「メモ書き」というフォーマット

人生ツアーコンダクターでは、
赤羽雄二さんの「メモ書き」という
フォーマットをお勧めしています。
(というか、これ以外は始めは使う
必要がありません)

自分がやりたいと思ってることは何か? 2018-04-06
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-宝くじで1億円当てたい
-世界一周旅行をしたい
-温泉旅行をしたい
・別府温泉
・草津温泉
・有馬温泉
-ピアノを習いたい
-資格を取りたい

■赤羽さんは、以下のポイントを著書なので
あげています。

●A4用紙を横向きに置いて書く
●1件は1ページにまとめる
●各ページにタイトルと本文を、4~6行書く
●各行は20~30文字で書く
●1ページをできるだけ1分以内に書く
●毎日10ページ書く

このうち、

最後の毎日10ページ書くというのだけは、
初めての方はハードルが高いと思うので、

人生ツアーコンダクターでは、
1日1枚を書くことから始めています。

■なぜ、このフォーマットにしているかと
いうと、

自分でフォーマットを考えなくていいからです。

「そんな単純な理由かよ!」
と突っ込みが入るかもしれませんが、

「フォーマットを考えなくてよい」
ということは

「人生を変える」ときには
とても重要なポイントになってきます。

■私も昔そうだったのですが、

「「人生を変えよう」とするときは
何かオリジナルのことを考えださないと
いけない」

という勝手な思い込みをしていませんか?

実は、

私も赤羽さんがこのフォーマットを公開して
くれるまで、

オリジナルのフォーマットを編み出そうと
して、長年時間を使ってしまいました。

自分のオリジナルにはこだわらない

■もちろん、最近は、

余計な時間を節約するためにも
こういったことは

自分で生み出すよりも、
便利なフォーマットを借りてしまった
ほうが速いと気付いていますが、

それに気づくまでには
かなり時間が掛かってしまいました。

なので、

このサイトの読者の方には、
自分のオリジナルにはこだわらずに

いち早く、

書く習慣を身に着けていただければ
とても嬉しく思います。

■赤羽さんの「メモ書き」という方法は、

赤羽さんが恐らく何年、何十年と
かけて練り上げてきたフォーマットです。

「1分以内に書く」ということを
最優先してシンプルなフォーマットに
なっています。

使いはじめるときにどうしても
オリジナリティーを加えたく
なってしまうかもしれませんが、

書く習慣をできるだけ速く
定着させるために、

まずはこのフォーマットに
こだわってくださいね!!

自分がやりたいと思ってることは何か? 2018-04-06
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-宝くじで1億円当てたい
-世界一周旅行をしたい
-温泉旅行をしたい
・別府温泉
・草津温泉
・有馬温泉
-ピアノを習いたい
-資格を取りたい

この記事のポイント

  • 人生ツアーコンダクターの
    「人生を変える方法」には、
    3つのコアがある。
  • その1つに「書く習慣を身に着ける」がある。
  • 書く習慣を身に着けるためには、
    赤羽雄二氏の「メモ書き」を
    フォーマットとしてお勧めする。

自分がやりたいと思ってることは何か? 2018-04-06
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-宝くじで1億円当てたい
-世界一周旅行をしたい
-温泉旅行をしたい
・別府温泉
・草津温泉
・有馬温泉
-ピアノを習いたい
-資格を取りたい

  • 「人生を変える」ときには
    オリジナルの方法にこだわる必要はない。
  • 便利なフォーマットはお借りしたほうが
    速い。

関連記事

  1. 書く習慣で人生は変えられる

  2. 書く習慣を身に着けるときのフォーマット2

  3. 書く習慣を身に着けるときのポイント

  4. 書く習慣を身に着けるときのテーマ

  5. 「書く習慣を身に着ける」の第2弾

  6. 書くことがどうしてもないときは

カテゴリー

  1. なぜ人生の軸を持つのは大切か?自分でコントロールできるようになる

    2019.01.16

  2. 会話(雑談)力を高めて人に出会う

    2018.12.02

  3. 日本の未来を危惧している人は多い

    2018.12.01

  4. 苦手な人が多いからこそチャンス

    2018.07.15

  5. 日本人は、会話(雑談)が苦手な人が多い!?

    2018.07.14