自分がわからない強みを知ること

自分の強みは自分だけではわからない

■今日は、

「自分の強みは自分だけではわからない」

という話をしたいと思います。

■人生ツアーコンダクターとして

本格的に活動する前の私は、

とある企業に勤めていたのですが、

やめる前の直近1年の仕事は、
「データ分析」作業が中心でした。

社会人経験の中で、システムエンジニアを
していた時期もあるので、

データを扱うのは慣れていましたが、
「分析」ということを私に教えてくださったのは
「はじめに」でお伝えした上司がはじめてでした。

この「分析作業」が私には
(手前味噌で恐縮ですが)
とても向いているということがわかりました。

実のところ、
私自身が分析作業についての
強みがあるというのは、

この1年で気付いたことです。

自分一人では強みに気付かない

■そして、

この強みを見抜いてくれたのは
この号でお伝えしている上司と
一緒に仕事をしていた仲間です。

恐らく、私一人で分析作業をしていても
この強みには気付かなかったと思います。

■また、

私が「人生ツアーコンダクター」の
活動の定義ができていなかった時期に
(活動そのものはかなり昔から
やっていますが)

以前勤めていた会社の営業の方が、

「Yさん(私)がしているのは
「意識をいかに顕在化させ自己と他者を繋げるのか」
ということですね。」

と言っていただけたことで、

自分がどんなことをしようとしているのか
それ以後、明確な言葉で説明できるよう
になりました。

私自身がまだ自分の活動を
「言葉」で説明できない時期でしたので、

上記のことを言われたことが劇的に
私を変えてくれました。

■このように

「人生を変えること」を
お伝えしている私にも

「自分の強み」や「自分がしたいこと」
は自分だけではわからないことがあるのです。

「自分の強み」は、
他者との関わりの中があってこと
見出せるのです。

人との関わり合いが必要

■そして、

「人生を変える」ということも
自分一人だけで実現するのは

難しい活動です。

私自身は20年近く、
「自分を変える」ということに挑戦していますが、

大きく変わるときは
必ず誰かとの関わりがあったときです

もちろん、
自分だけでも取り組める方法も

「人生ツアーコンダクター」では
お伝えしていますが、

それでもやはり
自分だけで人生を変えるには
限界があると思います。

■だからこそ、

私は、「人生ツアーコンダクター」という
活動を通して、

「人生を変える方法」を伝えていく、
そして、パーソナルコーチングで
誰かの「人生を変える」ことの
お手伝いをしているのです。

今回の号は、
自己主張が少し強めの内容になって
しまいましたが、

少しでも私がしようとしていることが
伝われば嬉しく思います。

このメルマガでは、具体的な方法と
合わせて、

自分の活動の説明もきちんと
していこうと考えています。

今後もよろしくお願い致します。

この記事のポイント

  • 自分の強みは自分ではわかりにくいものである。
  • 自分の強みを理解するために
    他の人の助けを借りる必要がある。
  • 人生を変えるときにも
    他の人の助けを借りる必要ある。

関連記事

  1. 実行するために他者の力を借りる

  2. 「人生を変えること」と「ならし運転」

  3. 知っていれば、対応できるorできない

  4. 気付かぬうちに進行している怖さ

  5. 「時間の使い方を変える」

  6. 相対的にみたときにの効果の高さ

カテゴリー

  1. なぜ人生の軸を持つのは大切か?自分でコントロールできるようになる

    2019.01.16

  2. 会話(雑談)力を高めて人に出会う

    2018.12.02

  3. 日本の未来を危惧している人は多い

    2018.12.01

  4. 苦手な人が多いからこそチャンス

    2018.07.15

  5. 日本人は、会話(雑談)が苦手な人が多い!?

    2018.07.14