気付かぬうちに進行している怖さ

気付かぬうちに進行している怖さ

■ネット記事で
「緑内障についての記事」
を見つけました。

緑内障は、

「さまざまな原因で視神経が障害を
 受け視野が狭くなる病気で、失明に至ることもある。」

という目の病気です。

なんで、この記事に目が留まったかというと

実は、私自身が「緑内障」で

眼圧を下げるための目薬を
毎日差しているからです。

緑内障は気付かないうちに進行

■記事から気になったところを抜粋します。

●40歳以上の緑内障有病率は男女ともに5.0%だった。
(つまり20人に1人が緑内障)

●「ちょっと目の調子がおかしい、と思って眼科を受診する。
しかし、その時には視神経の半分以上が駄目になっている。
2~3割の視神経が死んでも、代償機能があるので気付かない」

●さらにやっかいなのは、眼圧が正常範囲にありながら
 緑内障になる人がいることだ。

●「緑内障は非常に慢性的に進む病気であるため、
自覚症状がなかなか出ないことが問題だ」

というように「緑内障」は
気付かないうちに進行してしまうので

気付いたときには、ほぼ失明状態という
ことも多いそうです。

特に、目が良くて普段から目医者にいかない人
ほど気付くのが遅れてしますので注意が
必要です。

気付いたときには手遅れ

■と、

もちろん「緑内障」の注意も喚起したいのですが、
他にも伝えたいことがあります。

「人生を変える」ということにも
似たようなことがあるということです。

それは、
「気付いたときには手遅れ」ということ。

■私のメルマガを読んでいただいて

すでに「人生(自分)を変えること」を
始めていただいた方もいるとは思います。

でも、大半の人は始めていないと思います。
(失礼覚悟で言わせていただきます)

私もそうだったので
すごくわかるのですが、

人はそんな簡単には
自分を変えることができません。

■しかし、

残念なことに、
今変えないとえらいことになるかも
しれない状態に
世の中がなってきているのです。

なぜなら、世の中の変化はこれから
どんどん加速していくからです。
(このことは言うまでもないですよね)

「種の起源」で有名なダーウィンは言いました。

「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。
 変化するものが生き残るのだ」

世の中の変化が速くなってきている以上、

自分もその速度に変わっていかなければ
生き残れなくなってしまうのです。

そして、
今は安定していて
問題ない人が一番危険なのです。

ここでもう一度、「緑内障」の特徴を
再掲します。

●40歳以上の緑内障有病率は男女ともに5.0%だった。
(つまり20人に1人が緑内障)

●「ちょっと目の調子がおかしい、と思って眼科を受診する。
しかし、その時には視神経の半分以上が駄目になっている。
2~3割の視神経が死んでも、代償機能があるので気付かない」

●さらにやっかいなのは、眼圧が正常範囲にありながら
緑内障になる人がいることだ。

●「緑内障は非常に慢性的に進む病気であるため、
自覚症状がなかなか出ないことが問題だ」

気付かぬうちに進行している、
変化に気付かぬままで生活することは、

知っていて、対処をしている状況
(緑内障で言えば、目薬を差している状況)

よりも危険です。

■なので、

私は今問題ないと思っている人にこそ、

人生ツアーコンダクターで伝えている
「人生を変える方法」を
知って欲しいのです。

そして、一人でも多くの人に伝えていくことが
人生ツアーコンダクターの使命だと思っています。

表現を変えると
皆さまの目薬になりたいのです!

今回の号は、
私の決意表明も込めて締めてみました~。

皆さん、一緒に人生を変えていきましょうね!!

この記事のポイント

  • 緑内障は、
    失明にもつながる怖い病気である。
  • 自分で気付かぬうちに
    進行してしまうからやっかいである。
  • これと同じように、これからの時代は、
    人生(自分)を変えていかないと
    大変なことになる。
  • なぜなら、時代の変化は
    益々加速してくからである。
  • 「人生を変える方法」を速めに実践して、
    これからの時代を楽しみましょう!!

関連記事

  1. 「人生を変えること」と「ならし運転」

  2. 格言を通して自分の考えを確認する

  3. たくさんのことをお伝えしている理由

  4. 見当がついているけれど実行することが難しい

  5. 日本の未来を危惧している人は多い

  6. 「本をたくさん読む」「格言をたくさん知る」