書くことをはじめる最初の5分間

書くことをはじめる最初の5分間

■ここまでの記事で

「基本的な考え方」と「具体的にやること」
がわかれば、
「人は変われることができる」ということをお伝えしました。

具体的にやること

■ここまで、「基本的な考え方」を
伝えてきましたので、

今度は「具体的にやること」をお伝えします。

今回は、その1つの「書く習慣を身に着ける」
使用する1つの方法を紹介します。

日頃から書く習慣がある人には、
あまり参考にならないかもしれませんが、

この号では、
書く習慣をあまり持ってない人を対象を前提に
して話を進めていきます。
(習慣を持っている人でも
やれば、効果があることです。)

■書くことの効果は、
●脳が活性化する
●考える力が身に着く
●頭の中がすっきりできる
●物忘れが減る
●話す力が着く
●客観的になれる
●その時の感情が記録できる
●集中力が身に着く
●精神を安定させる
●自律神経が整い、健康になる
●自分の思考の癖がわかる
●夢が実現する

などと言われています。

■これだけの効果がある書くということですが、

人生ツアーコンダクターでは、
「自分がやりたいと思っていること何か?」
について、

赤羽雄二さんの「メモ書き」という方法で、

自分がやりたいと思ってることは何か? 2018-03-06
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-宝くじで1億円当てたい
-世界一周旅行をしたい
-温泉旅行をしたい
・別府温泉
・草津温泉
・有馬温泉
-ピアノを習いたい
-資格を取りたい

のように書くことからスタートします。

1日1個を5分で書く

■ちなみに、赤羽雄二さんの著書では、

A4サイズの紙に、上記のフォーマットで、
1個を1分で1日10個(つまり10分間)
書くと良いと書かれています。

■この号では書く習慣をあまり持っていない人を
前提としているので、

1日1個を5分で書くところから始める
ことにします。

そして、ここからがポイントなんですが、
初日に上記のことを書いたとして、

翌日もまったく同じ
「自分がやりたいと思っていること何か?」
をテーマにして書きます。

■翌日書くときに、
例え、前日と全く同じになってもいいのです。

つまり、前日と日付だけ変わって
以下のようになります。

自分がやりたいと思てることは何か? 2018-03-07
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-宝くじで1億円当てたい
-世界一周旅行をしたい
-温泉旅行をしたい
・別府温泉
・草津温泉
・有馬温泉
-ピアノを習いたい
-資格を取りたい

思い込みを取除く

■書く習慣が身に着かない理由として、

以下の思い込みがあると私は考えています。

●発想するときは、前と同じものをしてはいけない。
●何か良いことを書かないといけない。
●長い文章を書かないといけない。
●難しいことを書いたほうが自分のためになる。

■人生ツアーコンダクターの
「書く習慣を身に着ける」では、

上記のような思い込みを取りはずしていくことを
目指しています。

なので、同じテーマ
(「自分がやりたいと思っていること何か?」)

を2週間続けることから
書く習慣を身に着けることを始めます。

初日に5分掛かったとしても、
「前日と全く同じでもいい」という前提を入れれば、
2週間も書くころには1分ですらすら書ける
ようになります。

■また、2週間同じテーマで書いていても
恐らく全く同じことを書く人は少ないと
思います。

なぜなら、
書いているうちに考えが深まったり、
広まったりして、必ず前日とは違うことを
書くようになっていくからです。

■この号で提案していることは、
長くても5分という時間で始められることです。

こうして身に着けていく
「書く習慣」は、色々な効果で
人生を変えてくれます。

まずは、一日5分間(なれれば1分間)を、
人生ツアーコンダクターに預けてくれませんか。

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「具体的にやること」の1つとして、
    「書く習慣を身に着ける」ということがある。
  • 「書く習慣を身に着ける」には、
     赤羽雄二さんの「メモ書き」フォーマットで、
    「自分がやりたいと思っていること何か?」
    について書くと良い。
  • 書くときの思い込みとして、
    ●発想するときは、前と同じものをしてはいけない。
    ●何か良いことを書かないといけない。
    ●長い文章を書かないといけない。
    ●難しいことを書いたほうが自分のためになる。
    などがある。
  • そんな思い込みを取っ払うために、
    同じテーマで2週間書くことから
    「人生ツアーコンダクター」の
    「書く習慣を身に着ける」は始まる。
  • 人生を変える1歩目として、
    1日5分を人生ツアーコンダクターに
    預けてください。

関連記事

  1. 書く習慣を身に着けるときのテーマ

  2. 書く内容を簡単にしている理由

  3. 書くことがどうしてもないときは

  4. 書く習慣を身に着けるときのポイント

  5. 「書く習慣を身に着ける」の第2弾

  6. 書く習慣を身に着けるときのフォーマット2