PDCAサイクルとは?

PDCAサイクル

この記事では、PDCAサイクルについてお伝えします。

PDCAサイクルとは

PLAN(計画)
DO(実行)
CHECK(評価)
ACTION(改善)

の4つのSTEPを回しながら継続的に改善していく手法のことです。

CHECKとACTIONを次のPLANにつなげていくという意味を強調して、「CAP、DO」と呼ばれる方もいます。

また、PALN(計画)→DO(実行)→SEE(検証)のPLAN・DO・SEEサイクルとほぼ同じ意味で使われます。

PDCAサイクルはもう「時代遅れ」だ」と言っている方もいらっしゃいますが、確かに一部の業務では機能しない場面もあるとは思いますが、PDCAサイクルが有効に機能する仕事はまだまだたくさんあります。

PLAN(計画)

PLAN(計画)について、以下に分けて説明します。

  1. 計画を立てることのメリット
  2. 実際に計画を立てるときのポイント
  3. 5W1H+if

PLAN(計画)を立てることのメリット

実際にPLAN(計画)を立てるときのポイント

PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

DO(実行)

このDOを3つのD(DDD)と考えるようにすると上手くいくと考えています。

  1. 1回目のDO(まずやる)
  2. Decide(決める)
  3. 2回目のDO(ひたすらやる)

計画を立てたら、「まずはやってみる」。そして、「これで行く!」と決める。それを「ひたすらやる!」です。

Do(実行)は3つのDで考える

CHECK(評価)→ACTION(改善)

CHECKとACTIONは1つとして考えます。つまり、SEE(検証)にするということですね。

私が考えるPDCAサイクルは、「PLAN→DDD(ディー・ディー・ディー)→SEE」サイクルです。

SEE(検証)について、以下に分けて説明します。

  1. 問題発見のポイント
  2. 問題の現象に対しての問い
  3. 「なぜ」と問いかける

CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

life-tour

6,655 views

千葉県鎌ケ谷市生まれ、埼玉県在住。人生をより良くしたいと思っている皆様のサポートをするのが「人生ツアーコンダクター」の使命です。

プロフィール

関連記事一覧