PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

この記事ではPDCAサイクルで計画を立てる際に考慮する「5W1H+if」についてお伝えします。

PDCAサイクルの全体のポイントについてはこちらになります。

何かを考えるときには、5W1Hで考えるとよいと本当によく聞きます。

5W1Hとは以下の通りです。

Why なぜ 目的・使命・方針
What なに 項目・物事・事柄
Where どこ 場所・地名・部分
When いつ 時刻・年月日・期間
Who 使命・人員・人数
How どのように 方法・技術・予算

計画を立てるには、なぜ、何を、どこで、いつ、だれが、どのようにやるかを考えて決定する必要があります。

しかし、これだけでは不十分になるので、すべての項目にif(もしも)をつけて考えます。

例えば「東京で3月1日の9時から大事な会議ある」とします。これにifをつけます。

「もし3月1日に開催できなかったどうするか?」
「もし招集メンバーに欠席があったらどうするか?」
「もし東京でできなかったらどうするか?」
「もし(会議での)目的が達成できなかったらどうするか?」
「会議が予定通りに進まなかったらどうするか?」
「もし当初の予定と違う議題が上がってしまったらどうするか?」
などのようにすることで、計画の厚みを増すことができます。

人生やビジネスでは、ifが入った計画を必ず立てるようにしましょう。

関連記事

  1. Do(実行)は3Dで考える

  2. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

  4. PLAN(計画)を立てることのメリット

  5. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

  6. PLAN(計画)を立てるときのポイント

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20