バスケのマイケル・ジョーダンの名言・格言

名言・格言

この記事では、マイケル・ジョーダンの名言・格言を紹介します。

マイケル・ジョーダンは、アメリカのバスケットボールで大活躍した選手です。

主にシカゴ・ブルズでプレーしていました。

ジョーダンのすごさはなんと言ってもその得点力!!

ダンクシュートをはじめとして、その得点シーンに魅了された人は多いのではないでしょうか。

試合開始早々、何本かシュートを外しても
「おい、今日はどうしたんだ」と考えるのではなく、
「よし、リズムは掴めているぞ。これからだ」
と楽に捉えられるかが大事なんだ。

ーマイケル・ジョーダンー

この言葉の中にはすごく重要なことがたくさん入っていますよね。
・開始早々に何度かやってペースをつかむこと。
・どうしたんだ?とは考えないこと。
・できごとを気楽に捉えること。

私も何かをはじめるときは、上手くいくかはあまり気にしないで、
「実際に数回やってみる」ということを優先するようにしています。
そして、できれば自分のペースに乗せる!
この”自分のペースに乗せる”が、けっこう重要だったりします。

気持ち半分でやることなんて出来ない。
結果も半分になってしまうからね。

ーマイケル・ジョーダンー

みなさんは、気持ち半分でやっていることはありませんか?
結果も半分になってしまいますよ。

この格言はわかりやすいですね。

成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない。
だがもし最高のレベルに達したなら、自己中心的であってはいけない。
他人とうまく付き合い、一人になってはならない。

ーマイケル・ジョーダンー

「わがままを言ってはいけない!」、「自己中心的になってはいけない!」とよく言われていますよね。

でも何かを成功させたいと思ったら、最初は自己中心的に考える必要があると思います。
生きているのは自分なんですから、そこから始めないと何もはじまらない。

僕はつねに実践することでチームを引っ張ってきた。
これは僕の性格だ。僕は言葉で引っ張ったことは一度もなかった。
言葉で引っ張ろうと考えたことさえなかった。
なぜなら、言葉が行動に勝ることはないと思っているからだ。

ーマイケル・ジョーダンー

言葉が先か。行動が先か。いつも迷わされますよね。
自分が出した答えは、(少しずるいですが)「言葉で行動を引っ張る」「行動でも言葉を引き出す」です。
やっぱり両方重要。

10本連続でシュートを外しても僕はためらわない。
次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する
最初の1本目かもしれないだろう。

ーマイケル・ジョーダンー

何かをしていて失敗続きなときに、いつも思い出す大好きな言葉です。
失敗してシュートをしなくなってしまうのが一番まずい。

人生においては、失敗するシュートのほうが圧倒的に多いと考えています。
だからまずは、シュートをすることが大事。精度をあげるのはそれからです。

life-tour

551 views

人生をより良くしたいと思っている皆様のサポートするのが私達「人生ツアーコンダクター」の使命です。

プロフィール

関連記事一覧