人の特性(法則)「クリステンセンの法則」

人の特性(法則)「クリステンセンの法則」

■クリステンセンの法則とは

「現状のままだと衰退する」

特性のことです。

この法則は、

ハーバードビジネススクールの
クレイトン・クリステンセンさんが

1997年に発表したもので

「先発企業は現状に満足していると、
 後発企業に足をすくわれる」

と唱えたものです。

先発企業が優れた商品を
持って優位に立っていても、

後発企業が既存市場や
価値体系を破壊することから、

「先発企業の優位性がなくなる」
というものです。

社会も時間も止まっていないので、

ビジネスでは変化をしなければ
衰退していくということです。

気付かぬうちに後退している

■このことは、

実は

人にも同じことが言えます。

このサイトの読者の方の中には、
今が順調なので、

「人生を変える必要はない」と
思われている方もいるかもしれません。

今が順調というのは良いことですし、
ある意味うらやましいことですね。

それでも、

もしもどこかで現状維持を選んで
しまっているとしたら、

「クリステンセンの法則」の通り、

気付かぬうちに後退している可能性が
あります。

破壊的革新を起こす

■なので、

このことを防ぐためにも
今が順調と思っている方こそ、

あえて、「人生を変える」ことを
積極的に行っていただき、

人生をさらによりよいものにしていだければ
いいと思っています。

少し話が変わりますが、

私自身の活動についても
先発企業的な方がいらっしゃいます。

この方は、現状の私よりはるかに
先をいっています。

そして、

かなりの高速で変化をしていくので
追いつくのすら大変です。

しかし、

後発企業(私のこと)は、
破壊的革新を起こして

この方を越えてていかなければいけないと
ひそかに思っています。

もちろん、

ここでは
表現的に使っているだけで

この方を越えていくことが
私の目的ではないのですが、

せっかく、

「クリステンセンの法則」を
題材にしたので、

自分を鼓舞するためにも宣言してみました。

皆さまも、
一緒に人生を変えていきましょうね!!

この記事のポイント

  • 世の中にはたくさんの法則がある。
  • その1つとして「クリステンセンの法則」
    というものがある。
  • もともとは、企業について
    「現状のままだと衰退する」
    という法則である。
  • 人生も、
    現状のままだと衰退する。
  • もしも、今が順調であれば
    なおのこと「人生を変える」ことが重要。

関連記事

  1. 人の特性(法則)「ザイアンスの法則」

  2. 人の特性「人は自分と他の人の違いを探す」

  3. 人の特性(法則)「集団規範」

  4. 人の特性「人は否定されるのがとにかく嫌い」

  5. 人の特性「人は知れば知るほど好きになる」

  6. 人の特性(法則)「KISSの法則」