「現状維持の法則」とは何か?

人の特性(法則)「現状維持の法則」

■現状維持の法則とは

文字通り

「現状を維持しようとする」

特性のことです。

食事などをするときに
いつも同じようなものを
食べてしまったり、

洋服をたくさん持っているのに
いつも着ている服は同じだったり、

他にも思い当たるようなことが
あるのではないでしょうか。

また、

一度はじめたことがなかなか
やめられないのも

この法則が働いています。

一度使いはじめた携帯のキャリアが
なかなか変えられなかったり

一度おかしを食べはじめてしまうと
毎日食べ続けてしまったりするのも

この法則に当てはまります。

選択肢が多いほど現状維持を選ぶ

■そして、

この法則がやっかいなのは
選べる選択肢が多くなればなるほど
働きやすくなってしまうということです。

レストランなどでメニューを選ぶときに
数が多くて悩んでしまい、

結局いつもと同じメニューを頼んで
しまったりしますよね。

実は、

情報が多い現代では、昔に比べて
選択肢が増えてしまったからこそ

この「現状維持の法則」が
強く働きやすくなっています。

■例えば

転職しようとしている人がいると
いるといます。

このとき、

転職の候補となる候補先が1個
しかない場合と

転職の候補となる候補先が5個
しかない場合

で、どちらのほうが先に
転職が決まるでしょうか。

もうおわかりだと思いますが、
1個の場合です。

なぜなら、
1つしかなれば

「転職する」か「転職しない」の
2択になりますが、

5個の場合は、
「転職する」か「転職しない」に加えて
「どの会社にするか」という選択が
加わるからです。

ひょっとしたら、

5個ある場合は、
この選択のプレッシャーに
負けて今の会社に残ってしまう
かもしれないですね。

人生でも現状維持を選ぶ

■実のところ

人生を変えることについても
同様のことがいえて

この選択肢が多いからこそ

「現状維持の法則」が強く働いて
人生を変えることができない人
多く見受けられます。

「人生を変える方法」自体は

本屋の自己啓発コーナーや
ビジネス書のコーナーに行けば、

比較的にすぐに見つかります。

しかし、

その方法がたくさん紹介されすぎて
いるというのが問題です

■私自身がそうだったのですが、

自分を変えようと真剣になっている人ほど
次から次へと本を読んでしまい、

大量の「人生を変える方法」を
知ってしまうのです。

その結果、

何を取り組むかの選択肢が
増えてしまい、

結局、

どれにも手を付けられない
状態に陥ってしまうのです。

■このこと防ぐためには、

人生を変えるために取り組むことを
意識的に減らす必要があります。

たくさんある方法の中から

ひとまず「これ!」と決めて
やりはじめることが重要です。

そして、

何を選択したらいいかわからない方の
ために、

人生ツアーコンダクターでは、

「書く習慣を身に着ける」の
1つに絞って、まずは紹介をしているのです。

現状維持の法則に負けないためにも

まずは、「書く習慣を身に着ける」ことに
取り組んでいきましょう!!

この記事のポイント

  • 世の中にはたくさんの法則がある。
  • その1つとして「現状維持の法則」
    というものがある。
  • 「現状維持の法則」は選択肢が多くなれば
    なるほど働きやすくなる。
  • 選択肢を減らすために、
    まずは「書く習慣を身に着ける」1つのみを
    人生を変えるための具体的な方法として
    紹介している。

関連記事

  1. 「ブーメラン効果」とは何か?

  2. 「行動非行動の法則」とは何か?

  3. 「プロスペクト理論」とは?

  4. 「KISSの法則」とは何か?

  5. 「新しく取り組むこと」と「自分」を知ること

  6. 「人は話すことで癒される」

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20