人の特性(法則)「ハネムーン効果」

人の特性(法則)「ハネムーン効果」

■この記事からしばらく、

「人の特性を知る」の第2シリーズとして、
各種の法則をお伝えしようと思います。

当面は、「書く習慣を身に着ける」と
並行してお伝えしていこうかと思っています。

初回の今日は、

「ハネムーン効果」です。

■ハネムーン効果とは

夫婦関係がハネムーンのときが
最高潮と言われるのと同じように

「人のやる気はだんだん下がっていく」
というものです。

何事もやり始めたばかりのころは
やる気満々でも

時間がたつにつれてしだいに
やる気は下がってきます。

例えば、

新入社員の人や
オフィスが移転してばかりのころは、

とても意識が高いのに、

だんだん仕事やその環境に慣れるに
したがい

やる気が落ちてしまうのを
皆さまも見たことがあるのではないでしょうか。

だんだんやる気が落ちてくる

■残念ながら、

このハネムーン効果は

「人生を変えよう!」とするときにも
働いてしまいます。

はじめは、今度こそ
「人生を変えるためにがんばるぞ!」
と思っている人も

だんだんやる気が落ちてくるのです。

私自身も正直なところ、

何度も「人生を変える」ことの
やる気が下がってしまったことがあります。

仕組みを作りあげる

■この法則を知った上での対策は

●やる気が落ちる前に一気呵成にやる。

●やる気が落ちても続けられる方法でやる。

です。

人生を変えようと思ったら、

だらだら変えようとしないで、
一気に取り組むのが重要です。

そして、はじめのほうでやる気が落ちても
続けられる方法を身に着けてしまい
(つまり、習慣化してしまい)

その後は、やる気が例え落ちたとしても

自然に人生が変わっていく仕組みを
作りあげるようにします。

そのために有効なのが、

「書く習慣を身に着ける」であり、
「話し方を変える」です。

一度身に着けてしまえば、
ずっと人生を変え続けていける人に
なれますよ!

この記事のポイント

  • 世の中にはたくさんの法則がある。
  • その1つとして「ハネムーン効果」
    というものがある。
  • 人のやる気は、はじめは高いが
    しだいに落ちてくるものである。
  • 「ハネムーン効果」を知った上で
    「人生を変える」ことにも取り組む。

関連記事

  1. 人の特性「人は知れば知るほど好きになる」

  2. 人の特性(法則)「プラシーボ効果」

  3. 人の特性(法則)「タイムイズマネーの法則」

  4. 人の特性(法則)「行動非行動の法則」

  5. 人の特性(法則)「ランスの法則」

  6. 人の特性「人は知らないモノには警戒心を持つ」