人の特性「人は馬鹿にされると傷つく」

人は馬鹿にされると傷つく

■人は

「人に馬鹿にされると傷つく」

という特性を持っています。

正しい意思決定と行動ができる
自分でありたいという

欲求がその特性を生んでいます。

このことを「有能感」といいます。

■例えば、

何か買い物をするときに
たいていは同じ店でするのはなぜでしょうか。

それは、新しい店に行くのと違って、
そのお店のことを良く知っているので、

探したい商品などを探すときに
場所を間違うことがないため

自分の「有能感」が下がらないからです。

新しい店にいくと
お店の中のことや商品がどこに
あるかわかないので

「自分でできる感覚」
つまり、自尊心が下がってしまうのです。

なので、

人はなるべく知っているお店とか
知ってる道具を使おうとするのです。

「有能感」が妨げになる

■これと同じ理由で

実は、

人生を変えるときには、
この「有能感」が妨げになって
くることが多いです。

人は、

自分の「有能感」を保つために
今までと同じことを
しようとしてしまいます。

このことは、
人が持っている特性なので
仕方ないのです。

■このことを防ぐためには、

自分がそういう特性を持っていること
をきちんと認識することです。

自分自身が何かをしようとする
(ここでは「人生や行動を変える」ということ)
とするときに、

自分がどんな反応を
するかを知ってしまえば、

自分が知らないことは少なくなって
自分が知っていることをすることに
なるので、

「有能感」が下がることはないのです。

人(自分)の特性を良く知る

■つまり、

今まで人生を変えようとしたときに
実際に行動できなかったのは、

人生を変えるという行動をしたときに
「自分にどんなことが起こるかわからない」
という不安があったからです。

それを取除くために、
このサイトで少しでも学んでもらい
人(自分)の特性を知ってくださいね。

また、人生ツアーコンダクターは
人が変わろうとしたときに
どんなことが起こるかよく知っています。

自分自身がした行動の結果が
わかるようになれば、

「有能感」はあげられます
一緒に、「有能感」を高めていきましょう!!

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」
    として、
    「人間の特性を知ること」がある。
  • その一つに、
    「人は馬鹿にされると傷つく」
    というものがある。
  • 「正しい意思決定と行動ができる
     自分でありたち」という欲求を
    「有能感」という。
  • 「有能感」がときに
    人生を変えるのを邪魔することがある。
  • これを防ぐために
    人(自分)の特性を知っておく必要がある。

関連記事

  1. 人の特性(法則)「べき乗法則」

  2. 人の特性(法則)「ハネムーン効果」

  3. 「人の特性を知ること」で人生を変えられる

  4. 人の特性(法則)「プライミング効果」

  5. 人の特性(法則)「レス・イズ・モアの法則」

  6. 人の特性(法則)「カクテルパーティー効果」