人の特性「人は物事を否定的に見る」

人は物事を否定的に見る

■1カ月に渡り「人生を変える方法」を
お伝えしてきましたが、

実際に「人生を変える」ということに
対して行動した方がどれだけいるでしょうか。

人生をより良く変えることは
とても良いことのように感じます。

なのに、実際には行動をしていない

物事には必ず2面性がある

■この原因の一つに

「人は物事を否定的に見る」
があります。

物事には必ず2面性があります。
メリットとデメリットです。

「人生を変えること」に
メリットしかないのであれば、
恐らく誰でも人生を変える行動をします。

しかし、物事には必ず2面性があるので
「人生を変えること」には 
少なからずデメリットもあります。
(と本当は言いたくないのですが)

人は、どうしても
「物事を否定的に見る」という特性が
あるので、

人生を変えることのメリットが強調されて
いくと、

逆に「デメリット」に目がいって
しまうのです。

■「変えたことによって
もっと悪くなったらどうしよう」

「変えることに対して時間を使うと
 もっと時間がなくなるだけなんじゃないか」

とデメリットに目がいってしまいます。

私がコーチングする方々も
コーチングを受けて下さる
始めのころは頃は

同じようなことを言ってる方が
たくさんいます。

否定的に見てしまう期間のがんばり

■しかし、

実際にコーチングを受け始めて
1カ月ぐらいしてくると

自分がだんだん良い方向に
変化していくのに気づくため
徐々に人生を変えることのメリットだけに
目が行くようになります。

そうなるまでの
「否定的に物事を見てしまう」
期間の少しのがんばりが重要です。

「人は物事を否定的に見る」
という特性を知って、

そんな期間に
「人生を変えること」を
やめないでくださいね。

「決意」をして「続けていけば」
必ず人生は変えることができます。

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」

として、
「人間の特性を知ること」がある。

  • その一つに、
    「人は物事を否定的に見る」
    というものがある。
  • 物事にはかならずメリットと
    デメリットという2面性がある。
  • この特性がときには
    「人生(自分)を変えること」
    の妨げになる

関連記事

  1. 人の特性「人は一貫性のある人間と思われたい」

  2. 人の特性(法則)「サンクコスト効果」

  3. 「人の特性を知ること」で人生を変えられる

  4. 人の特性(法則)「ハネムーン効果」

  5. 人の特性(法則)「クリステンセンの法則」

  6. 人の特性(法則)「カクテルパーティー効果」