人の特性「人は否定されるのがとにかく嫌い」

人は否定されるのがとにかく嫌い

■人は、「否定されるのが嫌い」
という特性があります。

例えば、
Aさん「国内旅行を考えているですけど・・・」
Bさん「ご予算はどれくらいですか」

Aさん「3万くらいなんですが・・・
千葉の南のほうだと、
この時期温かいと思うのですが・・・」
Bさん「いいえ、この時期はまだ寒いんですよ。」

Aさん「そうなんですが、九州とかはどうですか?」
Bさん「九州もまだ寒いんですよ。
3万あれば上手く探せば海外もいけますよ」

などと会話が進んだらどうでしょうか。

Bさんには、そこまで悪気はないですし
「事実」としては正しいことを言ってます。

しかし、

Aさんが言っていることを
ことごとく否定してしまっているで、

これでは、AさんがBさんに対して嫌悪感を
抱いてしまいます。

言葉の否定は、本人の否定と同じ

■なぜなら、

人は、直接自分のことを否定されている
訳ではなく

「自分が言った言葉を否定」されてただけでも
「自分が否定されてしまう」と感じてしまいます。

このことを注意するために
人生ツアーコンダクターでは、

「話し方を変えること」の3つの中に
「相手の言ったことを否定しない」
ということを入れています。

人は、とにかく自分のことを否定されるのが
嫌いなので注意しましょうね。

自分自身を否定しないこと

■また、

「話し方を変えること」の中では、
「相手の言ったことを否定しない」
と伝えていますが、

「人は否定されるのがとにかく嫌い」
という特性で本当に注意しなければ
いけないのは、

「自分自身を否定してしまうこと」です。

この号で伝えている通り、
人は、

「人は否定されるのがとにかく嫌い」
なのです。

つまり、自分自身を否定してしまっていては
自分自身をどんどん嫌いになってしまいます。

人は否定されるのが嫌いなんだから
当然と言えば当然です。

負のサイクルから抜け出す

■しかし、

この当然の負のサイクルに
はまってしまうことは本当に良くあると思います。

私自身が、そうだったことがあるので
よくわかります。

逆に言うと、
長年その負のサイクルにはまっていた
私でさえも

抜け出す方法を知れば、
その負のサイクルから抜け出せたのです。

なので、

今その負のサイクルにはまっているとしても
諦める必要はないのです。

はじめは、小さな一歩でいいので
今と逆方向に歩くようにすれば
いいのです。

当然、はじめから上手くはいかないことも
あります。

その一歩を踏み出すことを
人生ツアーコンダクターは、
全力でサポートいたします。

何がきっかけになるかわからないので、
色々な角度から記事を書いていく予定です。

このサイトでその小さな一歩を
見つけてもらえれば幸いです。

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」
     として、
    「人間の特性を知ること」がある。
  • その一つに、
    「人は否定されるのがとにかく嫌い」
    というものがある。
  • この特性に注意するために、
    「相手の言ったことを否定しない」
  • この特性に注意するために、
    「自分自身のことを否定しないこと」
  • 負のサイクルから脱出する1歩目は
    どこにあるかわからない。
    でも、必ずその1歩目はある。

関連記事

  1. 人の特性(法則)「行動非行動の法則」

  2. 人の特性「人は話すことで癒され」

  3. 人の特性(法則)「タイムイズマネーの法則」

  4. 人の特性「人は知らないモノには警戒心を持つ」

  5. 人の特性「人は自分と他の人の違いを探す」

  6. 人の特性(法則)「集団規範」