人の特性「人は自分と他の人の違いを探す」

人は自分と他の人の違いを探す

■前の記事で

といことをお話しました。

 「人は知らないモノには警戒心を持つ」
という特性がですね。

そして、この特性は
「人生(自分)を変えよう」と
するときにすごく邪魔になってくるが、

初めての経験を
繰り返し経験していくことによって
変えていくことができる。

ともお伝えさせていただきました。

自分と他の人の違いを探す

■この特性の影響で

人には「自分と他の人の違いを探す」
という特性があります。

人がどのように危険と判断するか
少し考えてみてください。

また、逆に安全なものって何でしょうか。

答えをいうと
 「自分と違うものは危険」
 「自分と同じものは安全」

ということです。

自分自身が自分に対して危害を加える
可能性は低いですよね。

なので、人は

自分と同じものは、「安心」とか「安全」と
感じ、

逆に自分と違うところを持つモノを
「危険」とか「間違っている」と
感じるようにできています。

■この特性を無意識に使っている
機会は多いですよね。

例えば、同じ県の出身であったり、
同じ血液型であったりすると

なんとなく相手に対して好感を
持つことができます。

ここに、
「自分と同じモノは安心」という
特性が働いています。

逆に、無意識で
 「相手と自分の違うことを探してしまう」と
 いう特性があるので、

相手に自分が違うところがあると
気が付いてしまい、

相手のことを嫌いになってしまうことが
あるというのがこの特性の注意が

必要なところです。

『ペーシング』という技術

■そして、この特性を

人生ツアーコンダクターで
どう活用しているかというと

 『ペーシング』という技術を
 使っています。

相手と同じ部分を見つけていく、
ときには「作っていく」方法です。

営業やコーチングのスキルでも
良く教わることなので

聞いたことがある人は多いかも
しれないですね。

「ペーシング」の内容は別の記事で
書きますので、楽しみにしていてください。

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」
    として、
    「人間の特性を知ること」がある。
  • その一つに、
    「人は自分と他の人の違いを探す」
    というものがある。
  • 人は、自分と同じものを安全と判断する。
  • 人は、自分と違うものを危険と判断する。
  • この特性を上手く活用する方法として、
    『ペーシング』がある。

関連記事

  1. 人の特性(法則)「現状維持の法則」

  2. 人の特性「人は嫌われると傷つく」

  3. 人の特性(法則)「プロスペクト理論」

  4. 人の特性(法則)「ランスの法則」

  5. 人の特性(法則)「大数の法則」

  6. 人の特性「人は無視されると傷つく」