人の特性「人は一貫性のある人間と思われたい」

■人生ツアーコンダクターでは、

「基本的な考え方」と「具体的にやること」
がわかれば人は変われると考えています。

■「基本的な考え方」の中の一つに、
「人の特性を知る」というのが
あります。

前号までで、

「人の特性を知る」ために
「心理学」を学ぶとよい。

「心理学」を学ぶことは、
他の人とコミュニケーションにも
使えますが、
「自分のために使える」というような
話をしました。

また、2つの特性

を紹介しました。

今回も前回に引き続き、
「人の特性」ついて説明します。

人は一貫性のある人間と思われたい

■人には一貫性のある人間と思われたい
という特性があります。

自分が言ったことを
何とか守ろうとする特性です。

この特性は、自分が言ったことが
どんなに小さなことでも働きます。

なので、営業の世界などでは
はじめにお客様が「YES」と
答える質問をしなさいなどと教えられます。

一度お客様に「YES」と言わせてしまえば
自分の提案にも「YES」と言ってもらい
やすくなるからです。

■イエスセット話法などとも言われて
以下のように使われます。

営業「今年の冬は雪が多かったですね」
お客「そうですね。雪国の人は大変だった
でしょう」
営業「雪が多いと御社の商品は
売れますよね」
お客「そうですね。当社にとっては
雪はありがたいです」

今回は、営業テクニックが主題ではないので
このくらいで・・・

■この一貫性の法則を

人生ツアーコンダクターでどう使っているかというと

【「有言実行」と「例外を作らないこと」で、
人生(自分)は変えることができる】

で使っています。

この記事の中で、

「自分に対しての約束については、
 紙に書いたり、誰かに公言してしまうこと」

「約束を守ることで例外を作らないこと」

が重要だと伝えています。

自分に対しての約束を
紙に書いたり、誰かに言うことによって
一貫性の法則が働くようにしています。

そして、一度何かに対して「YES」と言ったら、
「NO」とは言わないようにします。

なぜなら、「NO」と言ってしまったら
今度は「NO」に対しての一貫性の法則が
働きだしてしまうからです。

■つまり、

人生を変えるためには、

「自分は人生を変えるんだ!」と
紙に書いたり、人に公言してしまい、

そして、一度宣言したら
「自分は人生を変えるんだ!」
という考えをずっと変えないことが
大切です。

なんども「自分は人生を変えるだ!」
と思っていれば、

一貫性の法則が強烈に働いて
必ず人生(自分)を変えることができます。

自然と働いてくれる便利な特性を知って、
人生をより良くする方向に使っていきましょう!!

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」
    として、
    「人間の特性を知ること」がある。
  • その一つに、
    「人は一貫性のある人間と思われたい」
    というものがある。
  • 自分が一度言ったことを守ろうと
    する特性のことである。
  • 営業などでよく使われている特性である。
  • 人生を変えるときにこの特性は
    使うことができる。

 

関連記事

  1. 人の特性(法則)「エメットの法則」

  2. 人の特性「人は否定されるのがとにかく嫌い」

  3. 人の特性(法則)「ブーメラン効果」

  4. 人の特性(法則)「プライミング効果」

  5. 人の特性(法則)「タイムイズマネーの法則」

  6. 人の特性(法則)「レス・イズ・モアの法則」