「人は自分の決定を後悔したくない」

■人生ツアーコンダクターでは、

「基本的な考え方」と「具体的にやること」
がわかれば人は変われると考えています。

■「基本的な考え方」の中の一つに、
「人の特性を知る」というのが
あります。

いくつか前の記事で

「人の特性を知る」ために
「心理学」を学ぶとよい。

「心理学」を学ぶことは、
他の人とコミュニケーションにも
使えますが、
「自分のために使える」というような
話をしました。

そして、前の号で

を紹介しました。

人は同じ行動を繰り返すので、
「過去してきた事実を書くことで、
今の自分のことを知りましょう」

「書く習慣を一度身に着ければ
 人生を変えることができます」

という内容です。

今回も前回に引き続き、
「人の特性」ついて説明します。

人は自分の決定を後悔したくない

■人は自分の決定を後悔したくない

人は自分の決定を後悔したくないのです。

「自分の決定を正当化しようとする」
ともいいます。

このことを少し難めの言葉でいうと
「認知的不況和音の解消」

と言います。

■何か買い物をしたときに、

「この買い物は失敗だったかな?」
と思ったことはありませんか?

その直後に
「いや、今の私にはこれが必要だったんだ」

と思ったりしますよね。

この気持ちになるのは、
「自分は良い決定をしたと思いたい」
という心理がはたらくからです。

■この

「人は自分の決定を後悔したくない」
「自分は良い決定をしたと思いたい」
という特性は、

人生(自分)を変えようとするときにも
はたらいてしまいます。
(あえて、「はたらいてしまいます」と
表現します)

例えば、

「書く習慣を身に着けたい!」と
思ったとします。

しかし、実際に始めるまで
なかなか手をつけられないことが
結構あります。

どうしてこうなるかというと、

今までしていなかった
「書く習慣をはじめる」という決定によって、
他のことに何か影響が出てしまうことを
深層心理的に恐れてしまっているからです。

「書く習慣を身に着けること以外の
ことに時間を使ったほうがいいのではないか」

「もっと他に人生を変えるために
 いい方法があるのではないか」

と無意識に考えてしまっているのです。

自分の決定したことを正当化する

■逆にいうと、

自分の決定したことを正当化できれば、

「書く習慣を身に着ける」ということを
すんなり始めることができるのです。

「自分の決定したことを正当化」する方法は
2つあります。

1つ目は、

「自分が決定しようとしていることを
 できるだけ詳しく知ること」

2つ目は、

「他の人にも決定が正しいと
 言ってもらうこと」

です。

できるだけ詳しく知ること

■決定したことに対して、
後悔する可能性が高くなるのは

「その決定をするために
 知ってる情報が少ないとき」
です。

例えば、外で食事をするとして

今までに何度も行ったお店にいくこと
を決定することに対して後悔をする人は
少ないですよね。

後悔をしてしまう可能性あるのは、
初めていくお店ではないでしょうか。

お店に行ったことがないから、
そのお店の情報が少ない。

情報が少ない状態で決定すると、
人は後悔しやすくなるのです。
(つまり、決定をしにくくなる)

他の人に正しいと言ってもらう

■2つ目についても、

同じ例で説明します。

はじめて行くお店にたいして、
他の人から情報を得ることができれば、

そのお店に対する情報が増えるので、
決定に対する後悔は減りますよね。

なので、後悔を減らすために

人は、インタネットでそのお店の口コミを
みたり、
前にそのお店に行ったことのある人から
直接話を聞こうとしたりするのです。

決意や行動が遅れてしまう

■この2つの方法

「自分が決定しようとしていることを
できるだけ詳しく知ること」

「他の人にも決定が正しいと
言ってもらうこと」

は、人生(自分)を変えるという
決定をするときにも当然使えます。

この2つがないと、

どんなに自分でやることが正しいと
感じていても

いざやり出すときに
「人は自分の決定を後悔したくない」

という心理がはたいてしまい、
自分を変えることに対する
決意や行動が遅れてしまうのです。

なので、

人生ツアーコンダクターでは、
「人生を変える方法」を伝えることによって、

「自分が決定しようとしていることを
 できるだけ詳しく知ること」

「他の人にも決定が正しいと
 言ってもらうこと」

のサポートをしています。

この記事のポイント

  • 人生を変えるために、
    「基本的な考え方を身に着けること」と、
    「具体的にやること」が必要。
  • 「基本的な考え方を身に着けること」
    として、
    「人間の特性を知ること」がある。
  • その一つに、
    「人は自分の決定を後悔したくない」
    というものがある。
  • 以下のことで後悔は減らせる。
    「自分が決定しようとしていることを
     できるだけ詳しく知ること」

  「他の人にも決定が正しいと
   言ってもらうこと」

  • 決定の後悔を減らすために
    人生ツアーコンダクターでは
    情報をお届けしている。

 

関連記事

  1. 「ランスの法則」とは何か?

  2. 「タイムイズマネーの法則」とは何か?

  3. 「人は一貫性のある人間と思われたい」

  4. 「ブーメラン効果」とは何か?

  5. 「ザイアンスの法則」とは?

  6. 「人は無視されると傷つく」

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20