EXCELの関数の基本

この記事ではEXCELの関数の基本をお伝えします。

EXCELでの作業を効率化するためには、「演算子」と「セル参照」と「関数」を使いこなせるようになることが重要です。

EXCELの四則演算と演算子

関数の説明をする前に簡単にエクセルの数式について説明します。

EXCELではセルに「半角の=(イコール)」をつけて入力することで、数式とみなします。

数式が入力されたセルには計算結果のみが表示されて、数式はセルを選択したときに数式バーで確認できます。

主な演算子

演算子 演算内容 使用例 表示
加算 =2+5 7
減算 =5-2 3
* 乗算 =2*7 14
/ 除算 =12/2 6
% パーセント =15% 0.15
べき乗 =3^3 27
& 文字の結合 =”関数”&”とは” 関数とは

基本のEXCEL関数

SUM関数

=SUM(範囲)

標準的なEXCEL関数

VLOOKUP関数

=VLOOKUP(検索値,範囲,列位置,検索の型)

関連記事

  1. EXCELマクロ(VBA)の基本

  2. EXCELで便利なショートカットキー一覧

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20