テキスト(フォント)を使いこなす

プレゼン資料

この記事では、プレゼン資料における「テキスト(フォント)の使い方」についてお伝えします。

「プレゼンテーション資料作成のコツ」全体についてはこちらになります。

プレゼン資料のテキスト(フォント)のポイント

フォントの基本の種類を知る

和文の基本書体
  • 明朝体
  • ゴシック体
欧文の基本書体
  • セリフ体
  • サンセリフ体

おすすめのフォント

和文
  • メイリオ
  • 游ゴシック
  • ヒラギノ角ゴシック
  • 明朝
  • ヒラギノ明朝
欧文
  • Segoe UI
  • Calbri
  • Helvetica Neue
  • Minion Pro
  • Times New Roman

フォントのポイント

  • フォントの種類を使いすぎない。
  • 個性的なフォントは使わない。
  • 太字が綺麗なフォントを使用する。
  • タイトルはゴシック体、長文は明朝体が基本。
  • コンストラクトをつけるときは文字の大きさ、太字が基本。
  • フォントサイズは3段階までが基本。
  • 斜体は極力使用しない。
  • 筆書体やポップ体は使用しない。

life-tour

6,655 views

千葉県鎌ケ谷市生まれ、埼玉県在住。人生をより良くしたいと思っている皆様のサポートをするのが「人生ツアーコンダクター」の使命です。

プロフィール

関連記事一覧