テキスト(フォント)を使いこなす

この記事では、プレゼン資料における「テキスト(フォント)の使い方」についてお伝えします。

「プレゼンテーション資料作成のコツ」全体についてはこちらになります。

プレゼン資料のテキスト(フォント)のポイント

フォントの基本の種類を知る

和文の基本書体
  • 明朝体
  • ゴシック体
欧文の基本書体
  • セリフ体
  • サンセリフ体

おすすめのフォント

和文
  • メイリオ
  • 游ゴシック
  • ヒラギノ角ゴシック
  • 明朝
  • ヒラギノ明朝
欧文
  • Segoe UI
  • Calbri
  • Helvetica Neue
  • Minion Pro
  • Times New Roman

フォントのポイント

  • フォントの種類を使いすぎない。
  • 個性的なフォントは使わない。
  • 太字が綺麗なフォントを使用する。
  • タイトルはゴシック体、長文は明朝体が基本。
  • コンストラクトをつけるときは文字の大きさ、太字が基本。
  • フォントサイズは3段階までが基本。
  • 斜体は極力使用しない。
  • 筆書体やポップ体は使用しない。

関連記事

  1. 図・表・グラフの使えるようになる

  2. 配置の基本を押さえる

  3. 色の基本を押さえる(プレゼン資料のコツ)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20