アンカリング(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「アンカリング」についてお伝えします。

アンカリングとは

アンカリングとは、「条件付け」を意図的に行い、どんな状況においても瞬時になりたい状態を生み出すスキルのことです。「刺激と反応を意図的にリンクさせるスキル」とも言われています。

アンカリングは、もともとは過去の出来事が強く記憶に残ることをいいます。

人間の5感(視覚・嗅覚・身体感覚・嗅覚・味覚)を通して受け取った情報がある物事に結びついて記憶に残ったりすることがあります。

例えば高校時代によく聴いていた曲がお店で流れていたりすると、思わず高校時代のことを思い出したりします。

コーチングでは、特定の好ましい感情を引き起こすためのスイッチをアンカーと呼び、これを意識的に作り出します。

例えば手の甲を指で押すと、「やる気が出る」などの状態を作ります。

アンカリングが使えるようになると、自分自身のなりたい状態を自分で引き起こすことが可能となります。

人間の5感のすべてがアンカーとできるので、本当にたくさんのバリエーションを作ることができます。

関連記事

  1. ラポール(コーチング・NLP)

  2. ミルトンモデル(コーチング・NLP)

  3. キャリブレーション(コーチング・NLP)

  4. 無意識について(コーチング・NLP)

  5. バックトラック(コーチング・NLP)

  6. コーチング・NLPの基本的な考え方

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20