メタモデル(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「メタモデル」についてお伝えします。

メタモデルとは?

人がコミュニケーションをする際には、言語の一般化・歪曲・省略による情報の欠落が起こります。

一般化・・・ある情報に対してあたかも全部がそうであるように表現させること。
歪曲・・・ある情報が人そろぞれの価値観によってゆがめられること。
省略・・・本当はあるはずの情報が言葉で表現される際に削除されること。

この欠落した情報を再構築する言葉のパターンをメタモデルと言います。

メタモデルは、他の記事で紹介しているスライス・オブ・マウスと同じく、相手に新し視点で物事を見てもらうために活用します。

メタ・モデルには12のパターンがありますが、一般化・歪曲・省略のどれかに分類されます。

関連記事

  1. アンカリング(コーチング・NLP)

  2. 優位感覚(コーチング・NLP)

  3. 質問(コーチング・NLP)

  4. キャリブレーション(コーチング・NLP)

  5. スライト・オブ・マウス(コーチング・NLP)

  6. ラポール(コーチング・NLP)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20