メタプログラム(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「メタプログラム」についてお伝えします。

メタプログラムとは

メタプログラムとは、個人が持つ無意識における物事の認識パターンのことです。

人は、それぞれ固有の思考パターン・行動パターンを持っています。

コーチングでは、相手の思考や行動パターンの傾向を知ることで、相手が行動に移しやすいようなアプローチをするために使います。

メタプログラムは、誰かのコーチングをする際にも使えますが、自分の人生を変えるためにも使えるスキルです。人生をより良くするために、自分自身の思考パターンや行動パターンを深く理解することはとても大切なことです。

関連記事

  1. アンカリング(コーチング・NLP)

  2. 質問(コーチング・NLP)

  3. バックトラック(コーチング・NLP)

  4. 傾聴(コーチング・NLP)

  5. コーチング・NLPの基本的な考え方

  6. 無意識について(コーチング・NLP)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20