バックトラック(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「バックトラック」についてお伝えします。

バックトラック(バックトラキング)とは

バックトラックはバックトラッキングとも言われ、日本語でいうと「オウム返し」になります。
相手の言ったことを「言葉にして返してあげる」ということです。

バックトラックは、相手に自分が発した言葉を再認識してもらうことに重点を置いています。

できるだけ相手の使った表現をそのまま使いますが、少し表現を変えて返すこともあります。

言葉をそのまま受け止めるのではなく、相手にとって「何が重要なのか」を読み取ることが重要なスキルです。

関連記事

  1. コーチング・NLPの基本的な考え方

  2. ラポール(コーチング・NLP)

  3. メタプログラム(コーチング・NLP)

  4. 優位感覚(コーチング・NLP)

  5. ミルトンモデル(コーチング・NLP)

  6. 無意識について(コーチング・NLP)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20