ペーシング(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「ペーシング」についてお伝えします。

ペーシングとは

人には、「自分と類似点を持つものを好感をもつ」という特徴があります。話し方・動作・雰囲気などについて、意図的に類似点を作りあげることで、相手とのラポールを築いていくスキルになります。

相手のことをよく知らないとペーシングはできないため、このスキルでもキャリブレーションは重要なスキルとなっています。

関連記事

  1. コーチング・NLPの基本的な考え方

  2. 無意識について(コーチング・NLP)

  3. 優位感覚(コーチング・NLP)

  4. スライト・オブ・マウス(コーチング・NLP)

  5. キャリブレーション(コーチング・NLP)

  6. ラポール(コーチング・NLP)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20