優位感覚(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「優位感覚」についてお伝えします。

優位感覚とは

コーチングでは、人はそれぞれ優位な感覚を持っているという前提で考えます。人には五感(視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚)がありますが、優位感覚では、嗅覚と味覚を除いた3つを使用します。NLPでは、五感の使って表現するシステムのことを表象システムやモダリティと呼びます。

相手とのスムーズなコミュニケーションを取るために、キャリブレーションをして相手の優位感覚を見極めます。相手の優位感覚は「目の動き」や「言葉使い」などに現れます。

関連記事

  1. ラポール(コーチング・NLP)

  2. ペーシング(コーチング・NLP)

  3. キャリブレーション(コーチング・NLP)

  4. アンカリング(コーチング・NLP)

  5. 傾聴(コーチング・NLP)

  6. スライト・オブ・マウス(コーチング・NLP)

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20