ラポール(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「ラポール」についてお伝えします。

ラポールとは

ラポールとは人と人とがコミュニケーションをする際にお互いの感情の調和や、理解が深まっている関係をつくり
上げていく過程をあらわし、端的にいえば「相手との信頼関係のこと」となります。

コーチングでは、相手との深いレベルでの信頼関係をお互いに作っていくことをとても大切にしています。ラポールはコーチがクライアントから信頼を得るということではありません。相互の信頼関係であることが重要となるのでコーチもクライアントを信頼する必要があるのです。

無意識レベルで深いラポールが気付けるとより生産的な会話ができるようになります。

関連記事

  1. 質問(コーチング・NLP)

  2. メタモデル(コーチング・NLP)

  3. スライト・オブ・マウス(コーチング・NLP)

  4. キャリブレーション(コーチング・NLP)

  5. アンカリング(コーチング・NLP)

  6. コーチング・NLPの基本的な考え方

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20