キャリブレーション(コーチング・NLP)

この記事では、コーチング・NLPの「キャリブレーション」についてお伝えします。

キャリブレーションとは

キャリブレーションとは、「相手のことをよく観察して気づく」というスキルです。

具体的には、声の大きさやトーン・体の姿勢・ジェスチャー・呼吸パターン・目の動きなどを手がかりとして
どのモダリティ(視覚・聴覚・触覚・味覚などそれぞれの感覚器による感覚)を優先的に使っているのかを探っていきます。

コーチングに馴染みがない方は、そんなことされていたら「少し気持ち悪い」と感じる方もいるかもしれませんが、普通に生活している中でもこれらの観察は無意識でも誰もが行っています。

キャリブレーションは、主に相手の「優位感覚」を知るために行いますが、相手のことを良く知ることはコーチングの基本となるため、本当に重要なスキルとなります。

ちなみに優れたコーチは、キャリブレーション自体は意識してやることはありません。(無意識で行えるものになっているため)。

関連記事

  1. スライト・オブ・マウス(コーチング・NLP)

  2. 優位感覚(コーチング・NLP)

  3. アンカリング(コーチング・NLP)

  4. ペーシング(コーチング・NLP)

  5. メタプログラム(コーチング・NLP)

  6. コーチング・NLPの基本的な考え方

カテゴリー

  1. 「なぜ」と問いかけてCHECK(確認)する

    2019.02.20

  2. CHECK・ACTIONは問題に対して問いを立てる

    2019.02.20

  3. CHECK・ACTIONの問題発見のポイント

    2019.02.20

  4. Do(実行)は3Dで考える

    2019.02.20

  5. PLAN(計画)は5W1H+if(もしも)

    2019.02.20