なぜ人生の軸を持つのは大切か?自分でコントロールするため

自分を変える

人生の軸を持って取り組む

■人生や仕事において、

何かを身に着けるとか考えるときに

一定の人生の軸を持って取り組むと
上手くいくことが多いです。

あなたが人生の軸について考える機会があるのはどんなときでしょうか?

就職活動などで起業の面接を受けるときに、自己分析をしてみたり・OB訪問を検討するときかもしれませんし、人生をより良くするための方法を考えたりするときかもしれません。

こうしてみると、人生の軸について考える機会は驚くほど少ないことに気付くはずです。

話し方を変えるでの3つの軸

■人生ツアーコンダクターで
お伝えしている

「話し方を変える」で
いうと

以下の3原則があります。

●「傾聴」
●「質問」
●「相手の言ったことを否定しない」

他にも色々とポイントは
あるのですが、

「話し方を変える」については、

この3つの軸を中心に
お伝えすることで、

お伝えする側の私も
聞く側の相手の方も

ある程度の共通言語を持って
会話できるようになるのです。

■また、

この3つの原則を覚えておけば
実際に誰かと会話するときにも

意識して会話ができるように
なりますよね。

「誰かと会話するときは
「傾聴」を意識する」

「誰かと会話するときは
「質問」を意識する 」

「誰かと会話するときは
「相手の言ったことを
否定しない」を意識する

ということが可能に
なってくるのです。

原則がないとコントロールし辛い

■これとは逆に

3原則のような指針を
持っていなかったら

「誰かと会話するときは
思いつきで話をする」

「誰かと会話するときは
流れに身を任せて話をする」

「誰かと会話するときは
相手の出方しだいで話をする」

となる可能性が高いですよね。

もちろん、会話にルールがあるわけ
ないのでこれでも問題がないと
いえば問題ないわけです。

■しかし、

人生をより良くするという
意味では問題が発生します。

なぜなら

人は、自分でコントロールできる
ものには、ストレスをそれほど
感じず

自分でコントロールできない
ものにはストレスを感じるからです。

●「傾聴」
●「質問」
●「相手の言ったことを否定しない」

という3原則を会話で使えば、
会話のかなりの部分を

自分でコントロールできます。
(つまり、ストレスが減ります)

軸を持てば自分でコントロールできる

■会話以外でも

何かを考えるためには、
軸を持つことが大事です。

例えば、

「考える」という行為は
かなり漠然としている行為ですが、

会話と同じように
いくつかの軸を身に着けることで

「考える」ことに対するストレス
が格段に減ります。

「考えることが苦手」という人は
多いと思いますが、

それは、今までに考えるための
軸を身に着けてこなかったからです。

「考えること」についての軸が
ないから

自分でしていることなのに
コントロールできない

だから、「考えること」が
ストレスになる

ストレスになるから
「考えること」をやらなくなる

やらないから
考えられなくなる

という負の連鎖に
はまり込んでいるのです。

(ちなみに、「考えること」についても
人生ツアーコンダクターでは
お伝えしています。」

■この負の連鎖は

「話すこと(会話)」
「考える」

こと以外も起こることが多いです。

だからこそ、自分でコントロール
できることを増やすために

様々なことに対して軸を作って
いくことが必要なのです。

様々なものに軸を持つことで

一緒に負の連鎖を
断ち切りましょう!!

今日も読んでいただきありがとうございます!

この記事のポイント

■話し方を変えるには以下の3原則がある。
●「傾聴」
●「質問」
●「相手の言ったことを否定しない」

■3原則を使うことで、会話の大部分が
コントロール可能となる。

■会話以外のことでも、3原則のような
軸を持つことで、自分でコントロール
がしやすなる。

■人は、自分でコントロールできるもの
にはストレスをそれほど感じないで、
自分でコントロールできないものには
ストレスを感じる生き物である。

■あらゆるものに軸を持って、
自分でコントロールできるものを
増やすと、
「コントロールできない
→ストレスになる→やらない
→できない」の負の連鎖を
断ち切ることができる。

life-tour

551 views

人生をより良くしたいと思っている皆様のサポートするのが私達「人生ツアーコンダクター」の使命です。

プロフィール

関連記事一覧