朝顔のようにどのつぼみが咲くかわからない

今日の雑談「ようやく咲いた花」

■今日は

珍しく自分のニュースです。

5月末に種を植えて育てていた
朝顔が咲きました。

小学校以来の種から植えて
植物を育てました。

6月の頭に3つの種が出て、
1カ月かかって成長していき

ようやく花が咲きました。

成長をずっと見守っていたので
すごく感動しました。

朝顔のようにどのつぼみが咲くかわからない

■先週から

「話し方を変える」の「質問」の
具体的な話をしています。

前々号までで
オープン質問(開かれた質問)と
クローズド質問(限定質問)

の話をしました。

人生を変える方法は200個以上

■今日は、

人生ツアーコンダクターの活動に
ついて少しお伝えしようと思います。

はじめにでお伝えした通り、
私が育ててきた朝顔の花が咲きました。

6つくらいの種を植えて
実際に芽をだしてくれたのは3つ

そして、そのまま3つが順調に育っていて
そのうちの1つが花を咲かせました。

■話は飛びますが、

人生ツアーコンダクターで教えている
人生を変える方法をノートにまとめてみたら

200個ぐらいの項目になりました。

この200個は、大きなテーマから
小さなテーマまであるので、

実際に200個すべてが
そのまま使えるわけではないですが、

自分でも驚くほどの数があると
思いました。
(とてもシンプルではないですね(泣))

柱の数は少なくなる

■しかし、

これだけ数はありますが、

私が人生を変えるときの柱と
なることは

そんなに多くないと思っています。

切り分け方にもよるんですが、

「人生を変える方法」でお伝えしよう
としていることには、

3つの柱があります。

1つは、「書く習慣を身に着ける」

1つは、最近お伝えしている
「話し方を変える」

そして、もう1つはこのサイトでは
まだあまりお伝えしていないことです。

柱となる茎があるから花が咲く

■実のところ

200あるテクニック的なことは、
この3つの柱ができたうえで

身に着けるとさらに効果的になります。

朝顔が、種から芽を出して
最初は1つの茎が伸びていくのと
同じです。

まずは3つのメインとなる茎を
伸ばす必要があるのです。

朝顔は最初のうちは一本の茎が
伸びていって、

やがてそこから茎が枝分かれして、
その茎の先につぼみがついて
花を咲かせます。

茎を見ていても、どこから
花が咲くのはつぼみになるまで
わかりません。

■そして、

私がサイトで色々な方法を
お伝えしているのは

人生を変えるということも
人によって

どこから花を咲かせるかわからない
からです。

もちろん、

どんな方でもメインの茎となる部分は
必要だと思っているため、

「書くこと」と「話すこと」を
多くお伝えするようにはしてますが、

実際に花を咲かすのは、
この2つからではないかもしれません。

イメージ的には、3つのメインの柱を
育てていくことで

他のテクニックも花が咲ける状態になって
花が咲くイメージです。

メインの茎がなくて花だけが
咲くことはありませんからね。

朝顔のように
一緒に花を咲かせましょうね!!

今日も読んでいただきありがとうございます!

この記事のポイント

  • 朝顔は、最初はメインとなる茎が伸びていって、
    やがて枝分かれをして、他の茎になったり
    花を咲かせたりする。
  • 人生を変える方法では
    3つの柱となるものがある。
  • 「書く習慣を身に着ける」と
    「話し方を変える」と
    「〇〇(まだ少ししかお伝えしていないこと)」
    である。
  • どこから花が咲くかわからないので、
    色々な方法をお伝えしている。
  • 花が咲くためには、メインとなる茎が必要。 

関連記事

  1. 反復練習(「わかった」と「できる」の違い)

  2. 改めて、人生を変えるために必要なこと

  3. 人生においても渋滞が発生する?

  4. 人生100年?、いや125年!

  5. 約束を守る「相手との約束を守る」

  6. コミュニケーションを本当に取る必要があるのは○○