「人生を変えたことがある人」を知ること

今日の雑談「当たり前だけど、当たり前でない」

■台風5号が発生して、

10日の日曜日から
11日の月曜日にかえて

日本に近づく可能性があるそうです。

上陸はしないとしても、
大雨の予想が出てますので

注意したいですね。

現代では、台風の進路まで
予想されるようになりましたが、

100年くらい前とかは、

台風の動きを予想することは
不可能でした。

ひと昔前には、どの辺を通るかさえ
わからなかったのに

今では少し進路予想がはずれただけで
色々な文句を言われてしまう。

人間の慣れの怖さを感じます

今後も

今は当たり前でないことが

時間がたつと
当たり前になっていることが

増えていくとは思いますが、

「当たり前だけど、当たり前ではない」
と思うこと

ときには必要な気がします。

「人生を変えたことがある人」を知ること

■前の号で、

「便利な方法はちょっとしたことに隠れている」
かもしれない。

ということを伝えました。

[kanren postid=”538″]

洗濯機の脱水機能を上手く使うと
洗濯物を速く乾かせるのと同じように

本当はもっと速くしたり、
便利にしたりできるのに

「知らない」がために時間を無駄に
していることがたくさんある

という内容でした。

■そして、

便利知識を
知っている人に聞くのが早い。

ということも伝えました。

今回も引き続き

便利知識についてお伝え致します。

「知っている」のに「やらない」という壁

■昨日も、お話した通り

便利な知識は、
実は世の中にたくさん出回っています。

それなのいまいち自分の
生活が便利にならないのは

なんでなんでしょうね?

■前の号で

「知る」と「知らない」に大きな壁が
あるということをお伝えしました。

この壁を乗り越えた後に
やってくるのが

「知っている」のに「やらない」と
いう壁です。

この「知っているのにやらない」
ということの原因は結構複雑なので

今回は細かいことは説明しませんが、

人は、便利知識を「知っている」けど
「やっていない」ことがたくさんあるのです。

長年実行に移していなかった

■ぶっちゃけていうと、

昨日紹介した、脱水を上手く使うという方法は
何十年も昔から恐らく私は知っていました。

にもかかわらず

私は、長年実行に移していなかったのです。

やればいいだけのことだったのに、
ずっとやらないままできたわけです。

■今回のことは

単純に横着してやらなかった(脱水することを)
ということが強い気がしていますが、

世の中の便利知識は、

やる前には、実際にやったときの便利さ
が実感できないので
(なんか当たり前のことを言って
申し訳ないですが)

知っていても
なかなか実行されていないのです。

実践できていない便利知識はたくさんある

■実際に、

この記事を書いている私も
知っているけど、

実践に移せていない
便利知識や

一度もやってみたけれど、
いつも間にかやらなくなってしまっている

便利知識がたくさんあります。

■かなり説明を省いてしまっているので

きちんと伝わるかどうかはわかりませんが、

人は便利知識を知っていても意外と
実行に移す人は少ないのです。

これとほぼ同じように、

「人生を変える」ということも
やり方を「知った」としても

実際に「やる」人はものすごく
少ないと思います。

■もっというと

便利知識以上に

「人生を変える」ということに
実際に取り組む人は少ないです。

なぜなら、
洗濯のような便利知識よりも格段に

取組みをしても

良くなっていく実感が
湧きづらいからです。

「人生を変えたことがある人」を知る

■その理由として、

「自分自身が人生を変えたことがない」
および
「人生を変えたことがある人が
 近くにいない」

ということが挙げられます。

自分自身はこれから変えようと
しているのだから当然として、

自分の人生を大きく変えたことが
ある人って身近になかなかいないですよね。

人生を変えたことがある人のイメージが
わかない状態で、

人生を変えることは
とても難しいです。
(不可能ではないですが)

なので、

まずは「人生を変えたことがある人」を
知ることが重要だと思います。

この記事のポイント

  • 世の中に便利知識はたくさんある。
  • 「知る」と「知らない」の大きな壁の後に
    「知っている」のに「やらない」という壁
    が待ち受けている。 
  • 便利知識を知っていても
    実際にはやらない人が予想以上に多い。
  • 「人生を変える」ということについては、
     便利知識以上にやらない人が多い。
  • 「自分自身が人生を変えたことがない」
    「人生を変えたことがある人が近くにいない」
    からである。
  • 人生を変えるということをイメージするために、
    「人生を変えたことがある人」を
    まずは、知ることが重要である。

関連記事

  1. 「考える」=「考えを作る作業」

  2. 自分に対しての質問にタブーは必要?

  3. 約束を守る「相手との約束を守る」

  4. 発想力を磨く(発想することを増やす)

  5. 人生を変えるときに様々な壁が現れる

  6. 「人生を変える方法」のコア(核)の説明