当たり前のことを当たり前にやること

当たり前のことを当たり前にやること

■人生を変えるには、
「当たり前のことを当たり前にやること」が重要です。

■突然ですが、

皆さまは、当たり前のことをどれだけ
当たり前にやれているでしょうか?

■一般的に当たり前だと言われることに

●あいさつは大事
●整理・整頓が大事
●机の上はきれいにする
●食事は座ってする
●時間を守る
●相手の話をきちんと聞く
●お礼をする
●悪いことをしたら謝る
●お年寄りに席をゆずる
●うがいと手洗いをする
●歯磨きをする

などがあり

■各業界ごとにも
業界ごとの当たり前のルールみたいなものがあるでしょう

私がシステムエンジニアだったこともあり
今回はIT業界のことを書きます。

●すべての工程でレビューは必ず行う
●障害報告は、原因と根本原因を突き止める
●プロジェクト管理をするにはWBSとスケジュールを
作成する
●プログラムはシンプルにする

IT業界について語りたかったわけではないので
少ないですがこの辺で・・・

当たり前のことが当たり前にできていない

■問題なのは、

こういった当たり前のことが当たり前にできていないのに、

難しいことに手を出したり、今流行りのものに
手を出してしまうことコト(人)が多いことです。

私がビジネス上で一番気になっているのは、
「時間を守らないこと」です。

何かといえば理由をつけて時間を守れない人って
いますよね。

「ごめん、電車が遅れてしまって」とか
「もう少しで終わるから待ってくれる」とか

一見、まっとうな理由をつけて
時間を守らない人が。

■主観が混じってしまうことを覚悟で言いますが、

集合時間や会議の時間を守れない人が、

新しい企画を考えたところで、
上手く進行できるでしょうか。

AIをブロックチェーンを使ってよいものが
作れるでしょうか。

さきほどあげたような当たり前のことができて、
はじめて、新しい企画やAIを使った新しいプロジェクトに
挑戦できるのではないでしょうか。

私は、根本的に時間を守れない人が
ビジネスで上手くいくことはないと思っています

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

■ちなみに、

「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」
小宮 一慶 (著)

という本がありますが、

この中で小宮氏は、「仕事も人生もABCが大事」と言っています。
Aはあたりまえのこと
Bはバカになること
Cはちゃんとやること

ABCを実践している人は、
運がよくなり、人生がうまくいき、幸せになれる

とのことです。

■時間を守ることを例にすると、

「少しぐらい遅れても問題ないか」とか
「会議が少しぐらい伸びても問題ないだろう」とか
思わずに、

「時間を守ること」を

当たり前に、
馬鹿なくらい愚直に
ちゃんとやること

■システム業界のレビューを例にすると

「レビューするのめんどうだからやめよう」とか
「あの人が担当しているとこらだから大丈夫だろう」とか
思わずに

「レビューすること」を

当たり前に、
馬鹿なくらい愚直に
ちゃんとやること

ということになると思います。

基本方針

■人生ツアーコンダクターの「人生を変える方法」では、
この「当たり前のことを当たり前にやる」を
基本方針としてます。

なので、これまで記事にしてきた内容も
ほとんどが当たり前のことですし、

これから紹介することも、
当たり前のことが多いです。

「当たり前のこと当たり前にやること」で
一緒に人生を変えていきましょう!!

■最後に、

日本には、他の国では当たりまえではない
素敵なこともたくさんあると思っています。

そんな、「当たり前ではない当たり前」にも気付いて
大切にしていければいいですね。

この記事のポイント

  • 「当たり前のことを当たり前にやること」で
    人生は変えられる。
  • それができないで、流行りのものに乗ったところで
    成果は出せない。
  • 仕事も人生もABCが大事。
    Aはあたりまえのこと
    Bはバカになること
    Cはちゃんとやること
  • 人生ツアーコンダクターの基本方針にも
    「当たり前のことを当たり前にやる」がある。

関連記事

  1. 約束を守る(「有言実行」と「例外を作らないこと」)

  2. 人生ツアーコンダクターをしている理由

  3. 決められたことを決められた通りにやる

  4. 基本の考え方を変えること

  5. コミュニケーションを本当に取る必要があるのは○○

  6. 「人生を変えようと」決意することが重要