OS(オペレーションシステム)を変えること

OS(オペレーションシステム)を変えること

■人生を変えるには、
「OSを変えること」が重要です。

■OSとは、
オペレーションシステム(Operating System)の
ことです。

マイクロソフト社のウィンドウズや
アップル社のIOSなどが有名ですね。

■辞書などで調べると、

コンピュータのオペレーション(操作・運用・運転)のために、
ソフトウェアの中でも基本的、中核的位置づけのシステムソフトウェアである。

「基本ソフトウェア」である。

全てのアプリケーション・ソフトウェア(「応用ソフトウェア」)の
“ベースとなる”ソフトウェアのことである。

などと書かれています。

この基本ソフトであるOSのおかげで、
様々なアプリケーションソフトを動作させることが
できます。

人にとってのOS

■人生を変えるためには、
人にとってのOSを変える必要があります。

それでは、人にとってのOSとはなんでしょうか?

人にとってのOSは、
人としての在り方、生き様、基本的な考え方
です。

そして、アプリは、
営業テクニック、資格、ITのスキル、会計の知識、
などです。

■人生を変えようとする人が、

変えようと思ってしまいがちなのが
(私もそうでした)

このアプリの部分です。

つまり、スキルやノウハウなどのテクニック的な
部分を変えることだけをしてしまい、

そのアプリが動くための土台となるOSを
変えることを置き去りにしてしまうということです。

■様々な資格を取得したり、
ITスキルを身につけたりして、

自分が使えるアプリケーションを増やしていくことは
当然、よいことです。

しかし、
そのアプリケーションが動かしている本人の

人として在り方、生き様、基本的な考え方が
バージョンアップできていなかったらどうでしょうか。

せっかくインストールやダウンロードしたソフトが
有効に活用できない状態になってしまいます。

OSをバージョンアップ

■やはり、

性能がアップしているソフトウェアに対応するだけのOSを
自分にインストールやバージョンアップをする必要があります。

この人としてのOSをバージョンアップするために
必要となってくるのが、

昨日まででお伝えした

●決意する
●相手との約束を守ること「信頼」を得る
●自分との約束を守ることで「自信」を得る
●有言実行する
●例外を作らない
●反復練習して「わかった」を「できる」に変える
●時間の使い方を変える

や、これからお伝えする予定の

●書く習慣を身に着ける
●話し方を変える
●本当の考える力を高める
●問題解決能力を高める

などです。

上記のことを、日々意識して行動することによって
身に着けていく必要があるのです。

■このように、

自分のOSをバージョンアップしてはじめて
インストールしたソフトも有効に活用することが
できるようになるのです。

基盤となるOSとそのうえで動くソフトウェアの各種

この2つの能力を一緒に高めていくことで
人生を変えることができます。

この記事のポイント

  • OSを変えることで人生は変えられる。
  • 人は、スキルやノウハウなどのテクニック的なこと
    (ソフトウェア)に頼りがち。
  • しかし、いくらソフトウェアをよいものにしても
    土台となる自分OSがバージョンアップされていなければ
    その効果は発揮できない。
  • ソフトウェアと一緒に自分OSのバージョンアップも
    忘れずにしていくこと。
  • 本当に人生を変えてくれるのは、
    自分OSを変えていくことにある。

関連記事

  1. 人生100年?、いや125年!

  2. 約束を守る「相手との約束を守る」

  3. 人生を変えるときに様々な壁が現れる

  4. 当たり前のことを当たり前にやること

  5. 人生においても渋滞が発生する?

  6. 「人生を変える方法」のコア(核)の説明