「人生を変えようと」決意することが重要

「人生を変えようと」決意することが重要

■人生を変えるには、
「人生を変えようと」決意することが重要です。

私は、人生を変えようとするときに難しいことをやろうとするよりも、
「当たり前のことを当たり前にやる」ということのほうを大事にしているので、
このサイトでも当たり前のことをたくさん書こう思っています。

なので当たり前のことを言いますが、

人生を変えようと思ったら、
本気で「人生を変えよう!」と決意するのが重要です。

そしてこの決意は、
「人生をなんとなく変えたいなー」とかではなくて

「何が何でも人生を変える!」とか「何が起きても変わる!」という
レベルである必要があります。

■人生を変えようと思っているのに人生を変えられないのには
2つの理由があって、
・決意が中途半端である
・途中で決意したことを変えてしまう
の2つです。

自分が本気モードでやっているか

■「決意が中途半端である」というのは、最初の文章でも述べていますが、
「人生を変えよう」とは思っているけど、本気レベルで考えない状態です。

「なんとなく変わりたいんだよな~」とか
「変わりたいと思ってるんですけど・・・」では
人生は変わりません。

人生を変えようと思ったら、本気モードで決意する必要があります。

私自身の人生が変わり始めたのも本気モードで変わることを
今から20年ぐらい前にしたからです。

「自分が本気モードでやっているか?」という自分への問いかけ
決意するときに限らずすごく重要です。

途中で決意したことを変えてしまう

■2点目の「途中で決意したことを変えてしまう」ですが、

人は何かを決めてしまえば、それを達成しようとする性質が
備わっています。

人生という話とは少し違いますが、
例えば、「東京駅に行こう」とか「学校に行こう」とか決めた
ときに横浜駅についてしまったり、塾に行ってしまったり
することはないと思います。
(たまに寝過ごしたとかで違うところについてしまう
経験がある方もいるとは思いますますが)

 これと同じで「人生を変えよう!」とか「夢を実現した」とか
 大きなことについても、基本的には同じように
 人は、目的を達成しようとするのです。

■ただし、東京駅に行こうと思っていたのに秋葉原に行ってしまったとか、
学校に行こうと決めていたのに遊びに行ってしまうのと同じように

途中で「決めたことを変えてしまう」と上手く目的が達成されません。

もちろん、「人生を変える」というテーマの場合、
どこかに行く場合と同じように簡単にはいきませんが、

 「人生を変える!」と決意して、自分で変えなければ
 必ず人生を変えることができるのです。

この記事のポイント

  • 人生をするには、まず「決意すること」が必要。
  • その決意は、「何が何でも変えてやる!」とかのように
  • 本気モードである必要がある。人には目的を達成する機能が備わっている。
  • 決意したことを変えなければ、人生は変えることができる。

関連記事

  1. OS(オペレーションシステム)を変えること

  2. 基本の考え方を変えること

  3. 「人生を変えたい」と一度でも思ったことはありませんか?

  4. どうしたら人は変われるか?

  5. 「人生を変えたことがある人」を知ること

  6. 人生100年?、いや125年!